第295回:何もかもが未知のホンダジェット
それは僕らに突き付けられた挑戦状なのか?

2015.05.12 エッセイ
「ホンダジェット」
「ホンダジェット」

最大巡航速度778km/h、お値段5億4000万円と、何もかもが未知の世界の「ホンダジェット」。日本で初飛行を果たしたホンダ悲願のビジネスジェットを、僕らはどう見ればいいのだろうか?

ANAのハンガー内に設けられた発表会場の様子。
ANAのハンガー内に設けられた発表会場の様子。
羽田空港への着陸態勢をとる「ホンダジェット」。
羽田空港への着陸態勢をとる「ホンダジェット」。
ハンガー内に運び込まれた「ホンダジェット」を真正面から撮影。主翼の上にエンジンを搭載するユニークな設計がよく分かる。
ハンガー内に運び込まれた「ホンダジェット」を真正面から撮影。主翼の上にエンジンを搭載するユニークな設計がよく分かる。

日本中が注目したホンダ製のビジネスジェット

「こんなに注目されてるなんて知らなかったなあ」
ホンダジェットの記者会見場で偶然会ったwebCG編集部員のホッタ青年が周囲を見渡してつぶやいた。クルマ関連で知っている顔もあったけれど、大多数はテレビ局や新聞社の記者みたいで、いつものホンダのそれとは明らかに雰囲気が異なっていた。
会見の会場だってそうだ。待ち合わせの場所が羽田空港国際線ターミナル。そこから大きなバスで空港内を移動してANAの巨大な機体格納庫へ。日本に初飛来するホンダジェットを待ち受けるのに最適といえばそうなのだけど、相当に手が込んだ仕掛けだ。

そして、僕もホッタ青年と同じことを思った。なぜこんなにホンダジェットは注目されるのだろうと。午後5時まで続いたイベントから帰宅し、テレビをつけたら夕方のニュースでもう取り上げていて、その思いがさらに強くなった。さらには記者会見から5日後のテレビ東京『ガイアの夜明け』では丸々ホンダジェットを特集していた。

これまでにない飛行機なのだという。最大の特徴は、両翼の上にエンジンを搭載したこと。ビジネスジェットと呼ばれる小型機の場合、胴体後部にエンジンを置くのが常だが、振動と騒音は覚悟して乗るものらしい。そうではないもの、つまり「今までにない技術と価値を生み出す“ホンダイズム”」にのっとり、誰もやらなかったレイアウトに挑んだそうだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ