第294回:早朝の東京・代官山にスポーツカーが大集合! あの社長もレクサスRC Fで飛び入り参加

2015.05.08 エッセイ
天候にも恵まれた「モーニングクルーズwith LEXUS」の会場。参加者がそれぞれに交流を楽しみ、3時間はあっという間に過ぎ去った。

2015年4月26日の早朝、都内某パーキングに、クルマ好き垂涎(すいぜん)のスポーツカーが集結した。フェラーリにアストン、ロータスなど、閑静な住宅地には入場を待つ長蛇の列が……。いったい、どんな趣旨のイベントが開かれたのか? 写真を交えてリポートする。

「ポルシェ911」(964型)の隣には「TVRサガリス」が……。会場には国内外のさまざまなスポーツカーが集結。参加者たちは互いの愛車について語り、楽しい朝のひと時を過ごした。
オーストリアのバイクメーカーであるKTMが送り出したモンスターマシン「X-BOW(クロスボウ)」も参加。複雑なスタイルをしており、乗降用のドアすら存在しない。バイク感覚ならしっくりくるかも……。もちろん走りはかなり刺激的だ。
見た目はまさに“昔のレーシングカー”である「ロケット」だが、これもれっきとしたイギリス製のロードカーである。バイクや戦闘機のように前後2名の乗車が可能となっている。
愛知より遠征して参加した草間栄一氏。スポーツクーペ「レクサスRC」の開発担当主査である。この日は、若かりし頃に設計に携わった「トヨタ・スープラ」(A70型)を発見できたことがうれしかったそうだ。
トヨタ自動車の豊田章男社長(写真中央)もサプライズで来場。時折ジョークを交えながら、クルマへの思いをストレートに語る姿は印象的だった。

クルマ好きが気軽に集うイベント

2012年から、毎月第2日曜日の早朝に東京・渋谷の代官山T-SITEで開催されている「モーニングクルーズ」は、充実の自動車関連書籍コーナーを持つ代官山蔦屋書店が主催する、クルマ好き同士が気軽に交流を楽しめるイベントだ。
特徴的なのは、ブランドやジャンルなど、中心となって集うクルマのテーマが毎回決められていること。例えば、4月のテーマは、「マスタング」とされた。既に30回以上が開催されており、都心近郊に住むクルマ好きから高い人気を得ている。そして今回の「モーニングクルーズwith LEXUS」は、プレミアムカーブランド「LEXUS(レクサス)」のサポートにより、「スポーツカー」をテーマに掲げる“特別版”として開催された。

告知は、直近に代官山蔦屋書店クルマ・バイクコーナーの公式Facebookで行われたのみにもかかわらず、駐車場には「レクサスIS F」などの国産スポーツカーから「ポルシェ911」や「ロータス・エラン」など国内外のさまざまな新旧スポーツカーが集結。なかには、「ロケット」や「KTMクロスボウ」など、希少車の姿も見られた。主催者によれば、「イベント開催以来、最高の参加台数ではないか」とのこと。スタートとなる午前7時までに、用意された100台を超える駐車スペースが埋まってしまうほどの盛況ぶりだった。

サポートを行ったレクサスは、スーパースポーツカー「LFA」と最新のスポーツクーペ「RC」「RC F」を展示。特に2台が持ち込まれたLFAは、めったに目にする機会がない希少なモデルだけに、参加者たちの熱い視線が注がれていた。これらのモデルのステアリングを握って駆けつけたのは、それぞれのモデルを担当した開発メンバーたち。彼らもまたクルマ好きのオーナーたちとの交流を楽しむため、愛知から休日返上で訪れているのだという。さらにトヨタ自動車の豊田章男社長が姿を見せたことは、事前に告知されていなかったこともあり、参加者たちも大興奮の様子だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ