ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)

アンビリーバブルな乗り物 2015.05.14 試乗記 3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載する「ポルシェ・マカン」の最上級グレード「マカン ターボ」に試乗。400psのパワーとポルシェ自慢の制御デバイスが織りなす走りを試す。

予想をはるかに超えている

以前、ここで素の「マカン」の試乗記を書かせていただいた際、その圧倒的な剛性感と正確な操縦性に感心はしつつも、どこかテンションが上がらず冷めた気分に終始したことを、ここに告白しておく。
たった(!)237psの4気筒ターボのマカンでは、あまりに余裕しゃくしゃくのシャシーファスターっぷりと、それゆえの落ち着き払った快適さで、ポルシェだのスポーツだのという以前に「普通にいいクルマだなあ」という印象が常に先行したからだ。そして、素マカンの試乗記には「このクルマに、高出力ターボやシャシー関連のハイテク装備を組み合わせたら、さぞ信じがたいレベルの高速運動体になることだろう」といった主旨のことも書いた。

今回、そのマカン ターボの試乗を編集部にかなえてもらったのだが、素マカンのときの予測は、果たして、そのとおりであった。しかし、それは私のつたない予測をはるかに超えていた。これはすごいクルマだ。

マカン ターボの本体価格は大台一歩手前の997万円で、「マカンS」より278万円、素マカン比では実に381万円も高価。今回の試乗個体はさらに合計200万円以上のオプションが装着されていた。外板色(ロジウムシルバーメタリック)とベージュのレザー内装だけで43万6000円という価格にもギョッとするが、マニアとして注目すべきは26万8000円のエアサスペンション(可変ダンパー付き)と、27万1000円の後輪左右トルク配分機構「ポルシェ・トルクベクトリング・プラス」(PTVプラス)だろう。
ポルシェのトルクベクトリング(PTV)には2種類あって、素のPTVはいわゆる簡便なブレーキLSD的なもの。今回のマカン ターボに使われるPTVプラスは外輪に増速機能が付く正真正銘のトルクベクトリング機能である。

「ポルシェ・マカン」の最上級グレードである「マカン ターボ」。外観では専用デザインのフロントまわりやテールパイプ、標準で装備されるサイドスカートなどが特徴となっている。
「ポルシェ・マカン」の最上級グレードである「マカン ターボ」。外観では専用デザインのフロントまわりやテールパイプ、標準で装備されるサイドスカートなどが特徴となっている。
3.6リッターV6ツインターボエンジンには、排気側のバルブタイミングと吸気側のバルブリフト量を制御する可変バルブ機構や、筒内直接燃料噴射システム、ドライサンプ式のオイル潤滑機構などが用いられている。
3.6リッターV6ツインターボエンジンには、排気側のバルブタイミングと吸気側のバルブリフト量を制御する可変バルブ機構や、筒内直接燃料噴射システム、ドライサンプ式のオイル潤滑機構などが用いられている。
テスト車にはオプションのナチュラルレザーインテリアや、カーボン製のステアリングホイールなどが採用されていた。
テスト車にはオプションのナチュラルレザーインテリアや、カーボン製のステアリングホイールなどが採用されていた。

ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • ポルシェ・マカン 2016.4.28 A Life with PORSCHE MACAN<PR> ポルシェのコンパクトSUV「マカン」。手ごろなボディーサイズで人気だが、2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーグレードは639万円という比較的リーズナブルな価格も魅力だ。あらためて同モデルに試乗することで、その価値について考えてみた。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2015.5.14 試乗記 3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載する「ポルシェ・マカン」の最上級グレード「マカン ターボ」に試乗。400psのパワーとポルシェ自慢の制御デバイスが織りなす走りを試す。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る