ホンダS660 β(MR/CVT)

孤高の人よ、迷わず選べ 2015.05.11 試乗記 発売されるや自動車ファンからの大喝采を浴びた、ホンダの新型2シータースポーツ「S660」。実際に乗ってみたら、どうだった? CVTのベーシックモデルで、その実力を試した。

雨の中では実力が出ない

落胆なんてものじゃなかった。ホンダS660にやっと乗れると喜んでいたのに、望んでいたのとまるで違う。白とかブルーとか魅力的なボディーカラーがあるのに、なぜよりによって地味なグレーなのか。しかも、グレードは「β」。確かに200万円を切ったのはえらいけど、どうせなら豪華仕様の「α」に乗りたかった。そして、トランスミッションがCVTとは! 圧倒的なコレジャナイ感が押し寄せてくる。

試乗できるチャンスは3日間。天気予報を見ると、見事に雨マークで埋めつくされている。もしかすると、一度もオープンにすることなく試乗を終えることになるかもしれない……。心はどんよりした空よりも重苦しく、過酷な運命に表情は沈む。

都内でクルマを受け取ると、スマホで雨雲レーダーを確認して、少しでも雨雲が少ない方向へと走らせる。西に向かうと雨粒が大きくなってきたので、途中でアクアライン方面に方向を変えた。長い海中トンネルを抜けると、そこは、やっぱり雨だった。かすかな希望にすがり、房総半島の反対側まで走る。雨脚はさっきより強くなったようだ。逃げるどころか、雨雲の動きに合わせて走ってしまったのか。

諦めてハードウエアの評価に徹しようと思ったが、雨の中でのドライブは少しも楽しくなかった。ロールトップはしっかり取り付けられていて雨は完全に防いでくれるが、パラパラという雨音は盛大に頭上から降ってくる。音楽を楽しむのは無理というものだ。ぬれた路面を走っていると、ハンドリングの俊敏さが裏目に出る。VSAがあるのだから実際には危険性は低いのだろうが、神経質な動きがどうしても気になる。思い切って飛ばす気にはなれなかった。

ふてくされて一晩寝ると、状況は一変していた。頭の上は真っ青な空である。予報は外れたのだ。気象庁もたまにはいい仕事をする。

2015年4月2日に発売された、ホンダの“軽スポーツカー”「S660」。グレード展開は、ベーシックな「β」と装備充実の「α」の、2タイプ。
「S660」は、脱着式ルーフを持つタルガトップの2シーターモデル。ルーフの裏側には、強度を保つためのスチール製ボウ(縦骨)が3本添えられる。
「β」には、シルバーのアルミホイール(写真)が組み合わされる。「α」では、シルバー×ブラックのツートンカラーになる。
シャープなウエッジシェイプを描くサイドビュー。アルミホイールは前後異径で、前が15インチ、後ろが16インチ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S660の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場 2016.11.16 自動車ニュース GMジャパンが「シボレー・コルベット」に高性能グレード「グランスポーツ」を設定。グレード名は1963年に登場したレーシングスポーツモデルにあやかったもので、シャシー性能と空力性能の改善を通し、走りを高めている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る