ナビ装備したルノー・キャプチャーの限定車登場

2015.05.08 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー プラス ナビ」

フルセグナビを装備した「ルノー・キャプチャー」50台限定で発売

ルノー・ジャポンは2015年5月7日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」にフルセグナビゲーションを標準装備した「キャプチャー プラス ナビ」を発売した。

今回のキャプチャー プラス ナビは、1.2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載するキャプチャーの上級グレード「インテンス」をベースに、7インチワイドVGA画面、ミュージックサーバー、ボイスコントロール/エアジェスチャー機能、16GB大容量メモリー、スマートコマンダーなどが特徴の「フルセグ2DIN SDナビゲーション」を搭載した限定車。

ボディーカラーは、「ブルー メディテラネ メタリック+ノワール エトワール メタリック」と「オランジュ ルシヨン メタリック+ノワール エトワール メタリック」の2色が用意され、計50台限定で販売される。

価格は、ベース車から据置きの267万2000円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャプチャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • パリモーターショー2016の会場から(その5) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。ルノーは、EVコンセプトカーの「TREZOR(トレゾア)」を公開した。また、航続距離を300km以上に改善したEV「ZOE(ゾエ)」のマイナーチェンジモデルや、新型「コレオス」も展示した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • パリモーターショー2016の会場から(その6) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。ルノーは、「クリオ」(日本名:ルーテシア)のマイナーチェンジモデルを発表した。併せて新型「メガーヌ セダン」、ピックアップトラックの「アラスカン」のほか、ルノー傘下にある「ダチア」の3車種なども展示した。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」にコネクティビティーを強化した特別仕様車 2016.11.29 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月29日、ハッチバックの「ゴルフ」と、ステーションワゴンの「ゴルフヴァリアント」に特別仕様車「ゴルフ コネクト」「ゴルフ ヴァリアント コネクト」を設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る