アウディA7スポーツバック 3.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/RS 7スポーツバック(4WD/8AT)

キーワードは洗練 2015.05.13 試乗記 マイナーチェンジを受けたアウディのプレミアム5ドアハッチバック「A7スポーツバック」に試乗。マトリクスLEDヘッドライトを得て目元がキリッと引き締まった新型、その実力やいかに?

マトリクスLEDヘッドライトを採用

日本市場において、ここ1、2年のメルセデス・ベンツ、BMWのたたみかけるような新車攻勢を受け止めながら、既存モデルをじっくり販売しているアウディ。日本自動車輸入組合調べの2014年度(14年4月~15年3月)販売台数によると、6万1832台のメルセデス・ベンツ、4万3339台のBMWに対し、アウディは3万821台となっている。絶対数では差があるが、これは日本での販売の取り組みの歴史に差があるためで、長期的な図式としてはじわじわ差をつめている格好だ。

アウディは2014年(1~12月)の販売台数で、年間販売台数が3万台を突破した5番目の外国車ブランドとなった。あとの4ブランドは、フォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツ、BMWとあとひとつ、どーこだ? 正解はヤナセが「ヴィータ」や「アストラ」を売りまくった時代のオペルだ。

プレミアムカーとしては珍しい5ドアハッチバックで2011年に日本に導入されたA7スポーツバック。丸4年たったが、あらためて眺めると、シルエットの美しさに感心する。全長4990mmと長いハッチバックなので、横から見ると水面に出てきたクジラのように伸びやかだ。全体的にはエレガントな印象だが、新型ではフロントマスクがやや精悍(せいかん)になった。六角形のシングルフレームグリルのそれぞれの角が鋭くなって、ヘッドライトもアイラインを引いたようにくっきりした。

目元くっきりは、昨年「A8」に採用されたマトリクスLEDヘッドライトが、A7にも採用されたため。ハイビーム/ロービームが自動的に切り替わるほか、60km/h以上の走行中、(全体はハイビームのまま)歩行者や先行車、対向車を検知してそれらの方向のみを減光する。また、歩行者や動物に向かって一部のLEDのみが点滅するなど、夜間、ドライバーと歩行者それぞれに注意を促して安全を確保する。

マトリクスLEDヘッドライトはロービーム用のLEDと、ハイビーム用の19個の小さなLEDで構成されている。
インフォテインメントシステムのMMIが進化し、オペレーターを相手に施設検索やホテルなどの予約ができるサービス「アウディコネクト・ナビゲーター」が追加された。
リアコンビランプはフルLEDタイプ。クルマが曲がる方向のウインカーが内側から外側に向かって伸びるように点灯する「ダイナミックターンインジケーター」が採用された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。