スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)

隠れた快作 2015.05.18 試乗記 スズキのコンパクトクロスオーバー「SX4」がフルモデルチェンジ。名前も新たに「SX4 Sクロス」となった新型の試乗を通し、今日におけるスズキの“登録車”の実力を探った。

「スイフト」と並ぶ世界戦略車

日本では「スイフト」の陰に隠れてなじみが薄いが、スズキにとってはこれからの市場を切り開く影の世界戦略車。SX4の位置づけは、言ってみればそんなところだろうか。

かつての業務提携先であったフィアットとの共同開発で初代が登場したのは、今からほぼ10年前の話。ハンガリーのマジャールスズキで生産された完成車はフィアットにも供給され、「セディチ」の名で欧州マーケットでも一定の人気を博することになる。一方のスズキは中国や南米、アフリカなどの新興マーケットでのシェア獲得の足がかりとしてSX4を活用。今回の第2世代では中国での生産も開始した。

表の顔であるスイフトには東欧やインドといったマーケットを託す一方で、新しい市場に対してはいち早くBセグメント系クロスオーバーを投入し、新しいニーズの獲得にいそしむ。つまるところ、そんなことをかれこれ10年以上前からたくらんでいたわけだ。大手と違って投げ込めるタマには限りがある。その制約はスズキにとってむしろ好都合なのだろうか。そう思わされるほどの先見性だ。

新しいSX4には「Sクロス」というサブネームが設けられた。恐らくスズキとしては、こちらの名前の方を強く推していきたいのだろう。カタログやホームページのタイトルでもSクロスの側が大きく記されている。

「SX4」の後継モデルとして2015年2月に登場した「SX4 Sクロス」。ハンガリーと中国で生産されており、日本へはハンガリーのマジャールスズキ社で生産されたものが輸入される。
「SX4」の後継モデルとして2015年2月に登場した「SX4 Sクロス」。ハンガリーと中国で生産されており、日本へはハンガリーのマジャールスズキ社で生産されたものが輸入される。
内装色は黒のみ。クルーズコントロールや左右独立温度調整機能付きフルオートエアコンが標準装備される。
内装色は黒のみ。クルーズコントロールや左右独立温度調整機能付きフルオートエアコンが標準装備される。
ブルーのアクセントが特徴的なメーター。速度計には220km/hまで目盛りが刻まれている。
ブルーのアクセントが特徴的なメーター。速度計には220km/hまで目盛りが刻まれている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SX4 Sクロスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.2 試乗記 「SX4」の後継車種として生まれた、スズキのクロスオーバーモデル「SX4 Sクロス」。欧州を中心とした世界の市場に投入されるSUVは、実直なまでに作りこまれた走行性能と実用性を備えていた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
ホームへ戻る