トヨタ、SAIを一部改良 特別仕様車も設定

2015.05.11 自動車ニュース
「トヨタSAI」
「トヨタSAI」
    拡大

「トヨタSAI」一部改良、特別仕様車も登場

トヨタ自動車は2015年5月11日、セダンタイプのハイブリッド車「SAI」に一部改良を実施。同時に特別仕様車「G“Viola(ヴィオラ)”」を設定し、販売を開始した。

特別仕様車「SAI G“ヴィオラ”」
特別仕様車「SAI G“ヴィオラ”」
    拡大
「SAI G“ヴィオラ”」のインテリア。
「SAI G“ヴィオラ”」のインテリア。 拡大
「SAI G“ヴィオラ”」のシート。
「SAI G“ヴィオラ”」のシート。 拡大

■小さな傷を自己修復するクリア塗装を採用

今回の一部改良では、全車のフロントドアに「スーパーUV400カットガラス」を採用した。これはカットする紫外線の波長の上限を、従来の380nmから400nmに変更したものである。

また、全てのボディーカラーに、洗車などによる小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」を採用。さらに、ライセンスランプを白色LEDとしたほか、「ヒルスタートアシストコントロール」に坂道を感知する機能を追加した。

走りに関する部分では、ボディー剛性をより高めるとともに、サスペンションのチューニングやステアリングのギア比を変更。操舵(そうだ)時の車両応答性を高め、優れた操縦安定性の実現を図った。

価格は330万3818円~433万9637円。

■専用仕立ての内外装が特徴の特別仕様車

特別仕様車G“ヴィオラ”は、SAIの上級グレード「G」をベースに、内外装を特別な仕立てとしたものである。

インテリアでは、シート表皮や各部のステッチ、ドアアームレスト、センターコンソールなどに専用色の「ダークバイオレット」を採用。ステアリングホイールやインパネセンタークラスターなどの木彫パネルには「クールブラック」を用いている。

ボディーカラーは全4色で、オプションとして特別設定色の「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」や18インチアルミホイールを用意。また、快適温熱シート(運転席、助手席)やスカッフイルミネーション(運転席、助手席)などを特別装備している。

価格は399万6982円。

(webCG)
 

関連キーワード:
SAIトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスE(FF/CVT)【試乗記】 2016.3.7 試乗記 ちまたで大人気の新型「トヨタ・プリウス」。その廉価仕様にして、シリーズ随一の40.8km/リッター(JC08モード)を誇る“燃費スペシャル”グレードの「E」に試乗した。その走りやいかに?
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • トヨタ・プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.27 試乗記 発売以来、好調な販売が伝えられる新型「トヨタ・プリウス」。トヨタ最新の開発コンセプト「TNGA」にのっとって作られた4代目の実力やいかに? 最上級グレード「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」の試乗を通し、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る