マイナーチェンジされたアウディQ3、日本上陸

2015.05.12 自動車ニュース
「アウディQ3」。写真は2リッターターボエンジン搭載車。
「アウディQ3」。写真は2リッターターボエンジン搭載車。 拡大

マイナーチェンジされた「アウディQ3」、日本上陸

アウディ ジャパンは2015年5月12日、マイナーチェンジが施された「Q3」「RS Q3」を日本で発表した。同年5月21日に販売を開始する。

 
マイナーチェンジされたアウディQ3、日本上陸の画像 拡大
マイナーチェンジにより、グリルのふちがヘッドランプとひとつながりに。同様のデザイン手法は順次、アウディのSUVモデルに採用される。
マイナーチェンジにより、グリルのふちがヘッドランプとひとつながりに。同様のデザイン手法は順次、アウディのSUVモデルに採用される。 拡大
「Q3」のインテリア。「RS Q3」を含め、日本仕様はすべて右ハンドルとなる。
「Q3」のインテリア。「RS Q3」を含め、日本仕様はすべて右ハンドルとなる。 拡大
出力別に2種類がラインナップされた2リッターターボエンジン搭載車は、出力と燃費の向上が図られた。
出力別に2種類がラインナップされた2リッターターボエンジン搭載車は、出力と燃費の向上が図られた。 拡大
リアビュー。今回、前後バンパーおよびホイールのデザインが変更された。
リアビュー。今回、前後バンパーおよびホイールのデザインが変更された。 拡大
発表会場には、アウディ特製のロードレーサー「Audi Sport Racing Bike」も展示された。総重量はわずか5.8kgで、ドイツ本国の価格は1万7500ユーロ(約237万円)。世界限定50台で販売される。
発表会場には、アウディ特製のロードレーサー「Audi Sport Racing Bike」も展示された。総重量はわずか5.8kgで、ドイツ本国の価格は1万7500ユーロ(約237万円)。世界限定50台で販売される。 拡大

■化粧直しで新しい“Qシリーズ顔”に

いま世界的に、プレミアムコンパクトSUV市場に注目が集まっており、日本でも「BMW X1」と「メルセデス・ベンツGLAクラス」、そして「アウディQ3」が市場をけん引、今後の成長が期待されている。

そんな中で、2011年に新登場し、2012年に日本上陸を果たしたアウディQ3がマイナーチェンジ。さらなるシェアの拡大を狙う。

Q3は、「Qシリーズ」と呼ばれるアウディのSUVの中では最もコンパクトなモデル。全長×全幅×全高=4400×1830×1595mmの比較的コンパクトなボディーに、一目でアウディとわかる都会的なデザインとSUVの機能性、高い効率を誇るパワートレインを融合させた人気車種だ。

今回のマイナーチェンジでは、エクスリアデザインの変更とパワートレインの改良に力が注がれた。例えばエクステリアでは、フロントマスクの印象が大きく変わっている。アウディのアイデンティティーであるシングルフレームグリルをよりワイドにし、斜め上のフレームを幅広いラインでヘッドランプに結びつけることで、より力強い印象をもたらしているのだ。この新しいシングルフレームのデザインは順次、ほかのQシリーズにも採用される。

さらに、フルLEDヘッドライトをオプション設定(RS Q3は標準装着)。ウインカーが流れるように点滅する「ダイナミックターンインディケーター」を採用するリアLEDコンビネーションライトとともに、昼夜問わずアウディらしさをアピールする。さらに、前後バンパーやアルミホイールのデザインを変更することで、よりスポーティーなエクステリアに仕上げられている。

一方、2リッター直噴ターボエンジン「2.0 TFSI」は、従来の170ps版が180psに、211ps版が220psにパワーアップ。JC08モード燃費は前者が12.7km/リッターから15.0km/リッターに、後者が12.6km/リッターから14.9km/リッターに向上している。ともに、デュアルクラッチの7段Sトロニックと、フルタイム4WDのクワトロが組み合わされる。

また、スポーツモデルのRS Q3についても、2.5リッター直列5気筒ターボ「2.5 TFSI」のアウトプットが340ps(+20ps)と45.9kgm(+3.1kgm)にアップ。同時に、JC08モードの燃費は11.5km/リッターから13.0km/リッターへと約13%改善されている。

ラインナップは、1.4リッター直列4気筒直噴ターボと6段Sトロニックを搭載するFFモデルとして「Q3 1.4 TFSI」(379万円)と「Q3 1.4 TFSIスポーツ」(396万円)を用意。エントリーグレードとなるQ3 1.4 TFSIの価格を従来よりも11万円引き下げる一方、スポーツシートなどを備えるQ3 1.4 TFSI Sportを新たに設定した。
2リッターのクワトロは、「Q3 2.0 TFSI 180PS」が469万円で、「Q3 2.0 TFSI 220PS」が539万円。高性能モデルの「RS Q3」は771万円である。

(文=生方 聡)

関連キーワード:
Q3RS Q3アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.11 試乗記 「アウディQ5」の高性能バージョンである「SQ5」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速5.4秒をマークする、最新スポーツSUVの実力とは? スポーツサスペンションを装着したエキサイティングな一台に試乗した。
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.4 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、アウディの高性能ハッチバック車「RS 3スポーツバック」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、もはや万能とも思える実力の高さが伝わってきた。
  • メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.6.29 試乗記 4代目になってから5年目、「メルセデス・ベンツCクラス」が大幅改良。外観の変化は少ないが、パワーユニットはガソリン・ディーゼルともに一新。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4ボディーすべてのモデルにルクセンブルグで試乗した。
  • 谷口信輝の新車試乗――アウディSQ5 2018.4.5 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「アウディSQ5」。354psの3リッターV6 TFSIエンジンを搭載するハイパフォーマンスSUVの走りを堪能する!
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る