マイナーチェンジされたアウディQ3、日本上陸

2015.05.12 自動車ニュース
「アウディQ3」。写真は2リッターターボエンジン搭載車。
「アウディQ3」。写真は2リッターターボエンジン搭載車。

マイナーチェンジされた「アウディQ3」、日本上陸

アウディ ジャパンは2015年5月12日、マイナーチェンジが施された「Q3」「RS Q3」を日本で発表した。同年5月21日に販売を開始する。

 
マイナーチェンジされたアウディQ3、日本上陸の画像
マイナーチェンジにより、グリルのふちがヘッドランプとひとつながりに。同様のデザイン手法は順次、アウディのSUVモデルに採用される。
マイナーチェンジにより、グリルのふちがヘッドランプとひとつながりに。同様のデザイン手法は順次、アウディのSUVモデルに採用される。
「Q3」のインテリア。「RS Q3」を含め、日本仕様はすべて右ハンドルとなる。
「Q3」のインテリア。「RS Q3」を含め、日本仕様はすべて右ハンドルとなる。
出力別に2種類がラインナップされた2リッターターボエンジン搭載車は、出力と燃費の向上が図られた。
出力別に2種類がラインナップされた2リッターターボエンジン搭載車は、出力と燃費の向上が図られた。
リアビュー。今回、前後バンパーおよびホイールのデザインが変更された。
リアビュー。今回、前後バンパーおよびホイールのデザインが変更された。
発表会場には、アウディ特製のロードレーサー「Audi Sport Racing Bike」も展示された。総重量はわずか5.8kgで、ドイツ本国の価格は1万7500ユーロ(約237万円)。世界限定50台で販売される。
発表会場には、アウディ特製のロードレーサー「Audi Sport Racing Bike」も展示された。総重量はわずか5.8kgで、ドイツ本国の価格は1万7500ユーロ(約237万円)。世界限定50台で販売される。

■化粧直しで新しい“Qシリーズ顔”に

いま世界的に、プレミアムコンパクトSUV市場に注目が集まっており、日本でも「BMW X1」と「メルセデス・ベンツGLAクラス」、そして「アウディQ3」が市場をけん引、今後の成長が期待されている。

そんな中で、2011年に新登場し、2012年に日本上陸を果たしたアウディQ3がマイナーチェンジ。さらなるシェアの拡大を狙う。

Q3は、「Qシリーズ」と呼ばれるアウディのSUVの中では最もコンパクトなモデル。全長×全幅×全高=4400×1830×1595mmの比較的コンパクトなボディーに、一目でアウディとわかる都会的なデザインとSUVの機能性、高い効率を誇るパワートレインを融合させた人気車種だ。

今回のマイナーチェンジでは、エクスリアデザインの変更とパワートレインの改良に力が注がれた。例えばエクステリアでは、フロントマスクの印象が大きく変わっている。アウディのアイデンティティーであるシングルフレームグリルをよりワイドにし、斜め上のフレームを幅広いラインでヘッドランプに結びつけることで、より力強い印象をもたらしているのだ。この新しいシングルフレームのデザインは順次、ほかのQシリーズにも採用される。

さらに、フルLEDヘッドライトをオプション設定(RS Q3は標準装着)。ウインカーが流れるように点滅する「ダイナミックターンインディケーター」を採用するリアLEDコンビネーションライトとともに、昼夜問わずアウディらしさをアピールする。さらに、前後バンパーやアルミホイールのデザインを変更することで、よりスポーティーなエクステリアに仕上げられている。

一方、2リッター直噴ターボエンジン「2.0 TFSI」は、従来の170ps版が180psに、211ps版が220psにパワーアップ。JC08モード燃費は前者が12.7km/リッターから15.0km/リッターに、後者が12.6km/リッターから14.9km/リッターに向上している。ともに、デュアルクラッチの7段Sトロニックと、フルタイム4WDのクワトロが組み合わされる。

また、スポーツモデルのRS Q3についても、2.5リッター直列5気筒ターボ「2.5 TFSI」のアウトプットが340ps(+20ps)と45.9kgm(+3.1kgm)にアップ。同時に、JC08モードの燃費は11.5km/リッターから13.0km/リッターへと約13%改善されている。

ラインナップは、1.4リッター直列4気筒直噴ターボと6段Sトロニックを搭載するFFモデルとして「Q3 1.4 TFSI」(379万円)と「Q3 1.4 TFSIスポーツ」(396万円)を用意。エントリーグレードとなるQ3 1.4 TFSIの価格を従来よりも11万円引き下げる一方、スポーツシートなどを備えるQ3 1.4 TFSI Sportを新たに設定した。
2リッターのクワトロは、「Q3 2.0 TFSI 180PS」が469万円で、「Q3 2.0 TFSI 220PS」が539万円。高性能モデルの「RS Q3」は771万円である。

(文=生方 聡)

関連キーワード:
Q3RS Q3アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
ホームへ戻る