マイナーチェンジされたアウディQ3、日本上陸

2015.05.12 自動車ニュース
「アウディQ3」。写真は2リッターターボエンジン搭載車。
「アウディQ3」。写真は2リッターターボエンジン搭載車。

マイナーチェンジされた「アウディQ3」、日本上陸

アウディ ジャパンは2015年5月12日、マイナーチェンジが施された「Q3」「RS Q3」を日本で発表した。同年5月21日に販売を開始する。

 
マイナーチェンジされたアウディQ3、日本上陸の画像
マイナーチェンジにより、グリルのふちがヘッドランプとひとつながりに。同様のデザイン手法は順次、アウディのSUVモデルに採用される。
マイナーチェンジにより、グリルのふちがヘッドランプとひとつながりに。同様のデザイン手法は順次、アウディのSUVモデルに採用される。
「Q3」のインテリア。「RS Q3」を含め、日本仕様はすべて右ハンドルとなる。
「Q3」のインテリア。「RS Q3」を含め、日本仕様はすべて右ハンドルとなる。
出力別に2種類がラインナップされた2リッターターボエンジン搭載車は、出力と燃費の向上が図られた。
出力別に2種類がラインナップされた2リッターターボエンジン搭載車は、出力と燃費の向上が図られた。
リアビュー。今回、前後バンパーおよびホイールのデザインが変更された。
リアビュー。今回、前後バンパーおよびホイールのデザインが変更された。
発表会場には、アウディ特製のロードレーサー「Audi Sport Racing Bike」も展示された。総重量はわずか5.8kgで、ドイツ本国の価格は1万7500ユーロ(約237万円)。世界限定50台で販売される。
発表会場には、アウディ特製のロードレーサー「Audi Sport Racing Bike」も展示された。総重量はわずか5.8kgで、ドイツ本国の価格は1万7500ユーロ(約237万円)。世界限定50台で販売される。

■化粧直しで新しい“Qシリーズ顔”に

いま世界的に、プレミアムコンパクトSUV市場に注目が集まっており、日本でも「BMW X1」と「メルセデス・ベンツGLAクラス」、そして「アウディQ3」が市場をけん引、今後の成長が期待されている。

そんな中で、2011年に新登場し、2012年に日本上陸を果たしたアウディQ3がマイナーチェンジ。さらなるシェアの拡大を狙う。

Q3は、「Qシリーズ」と呼ばれるアウディのSUVの中では最もコンパクトなモデル。全長×全幅×全高=4400×1830×1595mmの比較的コンパクトなボディーに、一目でアウディとわかる都会的なデザインとSUVの機能性、高い効率を誇るパワートレインを融合させた人気車種だ。

今回のマイナーチェンジでは、エクスリアデザインの変更とパワートレインの改良に力が注がれた。例えばエクステリアでは、フロントマスクの印象が大きく変わっている。アウディのアイデンティティーであるシングルフレームグリルをよりワイドにし、斜め上のフレームを幅広いラインでヘッドランプに結びつけることで、より力強い印象をもたらしているのだ。この新しいシングルフレームのデザインは順次、ほかのQシリーズにも採用される。

さらに、フルLEDヘッドライトをオプション設定(RS Q3は標準装着)。ウインカーが流れるように点滅する「ダイナミックターンインディケーター」を採用するリアLEDコンビネーションライトとともに、昼夜問わずアウディらしさをアピールする。さらに、前後バンパーやアルミホイールのデザインを変更することで、よりスポーティーなエクステリアに仕上げられている。

一方、2リッター直噴ターボエンジン「2.0 TFSI」は、従来の170ps版が180psに、211ps版が220psにパワーアップ。JC08モード燃費は前者が12.7km/リッターから15.0km/リッターに、後者が12.6km/リッターから14.9km/リッターに向上している。ともに、デュアルクラッチの7段Sトロニックと、フルタイム4WDのクワトロが組み合わされる。

また、スポーツモデルのRS Q3についても、2.5リッター直列5気筒ターボ「2.5 TFSI」のアウトプットが340ps(+20ps)と45.9kgm(+3.1kgm)にアップ。同時に、JC08モードの燃費は11.5km/リッターから13.0km/リッターへと約13%改善されている。

ラインナップは、1.4リッター直列4気筒直噴ターボと6段Sトロニックを搭載するFFモデルとして「Q3 1.4 TFSI」(379万円)と「Q3 1.4 TFSIスポーツ」(396万円)を用意。エントリーグレードとなるQ3 1.4 TFSIの価格を従来よりも11万円引き下げる一方、スポーツシートなどを備えるQ3 1.4 TFSI Sportを新たに設定した。
2リッターのクワトロは、「Q3 2.0 TFSI 180PS」が469万円で、「Q3 2.0 TFSI 220PS」が539万円。高性能モデルの「RS Q3」は771万円である。

(文=生方 聡)

関連記事
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.5 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る