アウディA1に装備充実の特別限定車

2015.05.12 自動車ニュース
「アウディA1 1st edition」
「アウディA1 1st edition」

「アウディA1」に装備充実の特別限定車

アウディ ジャパンは2015年5月12日、コンパクトハッチバック「A1」「A1スポーツバック」の特別限定車「1st edition(ファースト エディション)」を発表した。同年6月18日に販売を開始する。

 

マイナーチェンジが施された、最新型のアウディA1/A1スポーツバックが日本上陸(関連ニュース)。それに伴い、台数限定の特別仕様車が設定された。

ベースとなるのは、1リッター直3直噴ターボエンジンを搭載する「A1 1.0 TFSIスポーツ」と「A1スポーツバック 1.0 TFSIスポーツ」。
通常はこれらに設定のないS lineエクステリア(S lineフロント&リアバンパー、サイドスカート、ルーフスポイラー)や、S lineエンブレム、ボディー同色のドアミラー、ドアシルトリムのほか、シフトパドル付きの3スポークレザーマルチファンクションステアリングホイールを装備する。
ナビキセノンプラスパッケージ(MMI 3G+ナビゲーションプラス、バイキセノンヘッドライト、自動ヘッドライトレンジコントロール、ヘッドライトウォッシャー)も与えられる。

ボディーカラーはミトスブラックメタリック、グレイシアホワイトメタリック、ミサノレッドパールエフェクトの3色が選べる。
価格と限定台数は、以下の通り。

・A1 1st edition(115台):330万円
・A1スポーツバック 1st edition(230台):350万円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る