第398回:プリペイドSIMがあれば歩いてゆける、この東京砂漠

2015.05.15 エッセイ

日本滞在中モバイル奮闘記

日本では外国人旅行客増加を背景に、2014年から短期滞在者向けのモバイル用プリペイドSIMカードの販売が活発化してきた。ということで、今回はそのお話。

イタリア在住のボクにとって、出張時のモバイル通信手段は頭の痛い問題だ。ボクが普段イタリアで使っているのは、この地で一般的なプリペイド方式のSIMカードを入れたスマートフォンである。例えば、隣国であるフランスやスイスで使用するには、国境を越えて一歩踏み込んだ途端、ローミング料金が必要となる。音声通話やショートメッセージは、欧州連合(EU)の政策・指導によって以前よりずいぶん安くなった。しかし、インターネットの使用は、格安プランを申し込んでも、いまだにかなり高い。日本での料金は推して知るべしで、えらい高額になる。

思い起こせば1990年代の末、ボクは日本に行くたびポケットベルを契約しては出国時に解約していた。かつて「ポケベルが鳴らなくて」という歌謡曲ができるくらいポケットベルが普及していた時代とは対照的に、すでにオワコン的デバイスだったが仕方なかった。
やがてPHSや、今でいうガラケーを使うようになっても、同様に契約と解約を繰り返した。だが、何年かすると、例の「◯年縛り」および「違約金」の制度が導入され、日本在住の人と同様の契約が困難になってしまった。

そんなボクを救ってくれたのは、一部の移動体通信会社が提供するプリペイド携帯電話だった。ただし、携帯メールやショートメッセージの送受信はできるものの、インターネット接続できないため、普段使っているメールがチェックできない。
仕方ないので、入りたくもないネットカフェで禁煙のマットレス席を選び、パソコンを借りては無料ドリンク片手に基本時間内にメールチェックした。やがて犯罪防止の観点から身分証掲示およびメンバーズカード発行制度が導入され、気がつけば都内各地のネットカフェのメンバーズカードが、お年寄りの財布の診察券のごとくたまっていた。

2年ほど前、ようやくその呪縛から解放してくれたのは、「レンタルWi-Fiルーター」だった。1カ月借りて7000円前後。日本到着前にホテルへ配送しておいてくれるうえ、使用後も空港の郵便ポストからレターパックで返却すればいい。1台持っていればスマートフォン、タブレットからラップトップまで何でも接続できる。そのうえ通信量は無制限。これはいい。ただし、これにもデメリットがあった。常に端末と一緒に持ち歩かなければならないし、バッテリーが丸1日持たないのだ。

身軽なスマートフォン1台で動き回っている人々がいる中で、日本人なのにまともなモバイル生活ができない。内山田洋とクール・ファイブが大都会・東京の冷たさを歌ったムード歌謡「東京砂漠」を思い出した。

東京スカイツリーにて。国外在住のボクにとって、この都市で快適なモバイル環境を手に入れるのは、以前から容易なことではなかった。
東京スカイツリーにて。国外在住のボクにとって、この都市で快適なモバイル環境を手に入れるのは、以前から容易なことではなかった。
羽田空港でもらった外国人旅行者向けTravel Japan Wi-Fiのパンフレット。ボクの場合、App Storeの設定が「日本」になっていたので、すぐにはつなげなかった。
羽田空港でもらった外国人旅行者向けTravel Japan Wi-Fiのパンフレット。ボクの場合、App Storeの設定が「日本」になっていたので、すぐにはつなげなかった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。