簡易型ハイブリッドのスズキ・ハスラー発売

2015.05.13 自動車ニュース
「スズキ・ハスラーX」
「スズキ・ハスラーX」

簡易型ハイブリッドの「スズキ・ハスラー」発売

スズキは、軽乗用車「ハスラー」の一部グレードについて、仕様・装備を変更し、2015年5月13日に発売した。

「ハスラーG」。写真はボディーカラーが「クリスタルホワイトパール 2ブラック2トーンルーフ」のもの。
「ハスラーG」。写真はボディーカラーが「クリスタルホワイトパール 2ブラック2トーンルーフ」のもの。

■簡易型のハイブリッドシステムを追加

今回、自然吸気エンジンを搭載するハスラーのCVT車に採用されていた「エネチャージ」が、「S-エネチャージ」に変更された。

S-エネチャージは「ワゴンR」にも用いられている“簡易ハイブリッドシステム”だが、今回ハスラーに搭載されたものは、ISG(モーター機能付き発電機)のモーターアシスト時間が6秒間から最長30秒間にまで延長されているほか、モーターアシストが行われる速度域も、これまでの「15km/h~85km/h」から「発進後~約85km/h」へと拡大されている。

0.66リッター直3エンジン(R06A型ユニット)そのものについても、圧縮比の向上、EGRシステムの採用、吸排気系の見直しを実施。低中速域の動力性能を高めた上で燃費性能を向上させた(JC08モード値で最高32.0km/リッター)。
エキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドの採用や、触媒ケースの簡素化により、一段と軽量・コンパクトになったのもトピックである。

一部のグレードを除き、新たな車体色「クリスタルホワイトパール」「クリスタルホワイトパール 2ブラック2トーンルーフ」も追加設定されている。

S-エネチャージ搭載車の価格は、「G」(FF/CVT)の126万1440円から特別仕様車「J STYLE」(4WD/CVT)の162万1080円まで。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ハスラー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.2.24 試乗記 ユニークな見た目で話題の新型軽「スズキ・ハスラー」。では、実際に乗ってみたらどうなのか? 燃費を含め、クルマとしての仕上がりを報告する。
  • スズキ・ハスラー Xターボ(4WD/CVT)/ハスラー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.1.23 試乗記 ハイトワゴンの使い勝手とSUVテイストのデザインを併せ持つ「スズキ・ハスラー」に試乗。日本ならではの「カワイイ文化」が生んだ、軽クロスオーバーの実力を試した。
  • 「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場
    2016.12.8 自動車ニュース スズキが「ハスラー」の特別仕様車「Fリミテッド」を発売。中間グレードの「G」をベースに、カーキ色のシート表皮やガンメタリックの外装パーツなどで各部をコーディネート。ツートンのボディーカラーにも同車専用の組み合わせが用意されている。
  • 専用デザインの特別なスズキ・ハスラー登場 2015.12.7 自動車ニュース スズキが「ハスラー」の特別仕様車「JスタイルII」を発売した。上級グレードの「X」「Xターボ」をベースに専用の外装パーツでSUVらしさを強調するとともに、インテリアを黒基調としたもので、ターボ車にパドルシフトを採用するなど装備も充実させている。
  • スズキがハスラーの装備を強化、燃費性能も向上 2015.12.7 自動車ニュース スズキが「ハスラー」に一部改良を実施。「S-エネチャージ」の搭載により、ターボ車の燃費をFF車で27.8km/リッターに改善した。また衝突被害軽減システムには、新たにステレオカメラ方式の「デュアルカメラブレーキサポート」を採用している。
ホームへ戻る