クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ダイハツ・コペン エクスプレイ(FF/5MT)

誠実なるスポーツカー 2015.05.19 試乗記 個性的なエクステリアデザインで“新ジャンル感”を追求したという、ダイハツのオープン軽「コペン エクスプレイ」。5段MTモデルで、その素顔に迫った。

“たたき上げ”のオープン軽

最近みんな、「ダイハツ・コペン」のことを忘れかけているのではないだろうか。思い起こせば去年の初夏、コペンが復活した時には大歓迎だった。あれから1年、コペンの名前が挙がることはまれになってしまった。
しかしそれもしょうがないのである。マツダの「ロードスター」が絶賛され、「ホンダS660」がおもしろいと評判になっているここが、コペンにとっての踏ん張りどころだ。

と、なぜかコペンを応援するような口ぶりになっているけれど、応援したくもなるじゃありませんか。
F1やルマンで勝ったことのあるホンダやマツダと比べれば、スポーツカーメーカーとしてのブランド力は劣る。アッチが親の地盤や顔の広さを活用できる2世議員、2世タレントだとすれば、コッチは徒手空拳のたたき上げだ。しかもアッチはFRとミドシップで、FFのコペンと比べるといかにも本格派っぽい。サラブレッドだ。
普通に考えれば、コペンは圧倒的に不利だ。でも、せっかく自動車界を盛り上げようとガンバってくれたコペンを、このまま見殺しにしてもいいのか。

ダイハツには縁もゆかりもない人間ですが、ここはひとつ、コペンを盛り上げる秘策を考えたい。
「敵を知り己を知れば百戦あやうからず」に従って、まずはいつの間にかバリエーションが増えているコペンのモデルラインナップをおさらい。
2014年6月に2代目となるダイハツ・コペンが登場。先陣を切ったのは、ベーシックな「コペン ローブ」だった。同年11月にはタフでアグレッシブなデザインのダイハツ・コペン エクスプレイが加わった。エクスプレイとは「Extra PLAY(もっと楽しい)」からの造語である。

そしてコペン エクスプレイが登場した1カ月後、今度はビルシュタインのダンパーなどでコペン ローブの走りを強化した「コペン ローブS」が追加されて現在に至る。
ちなみに第3の矢として、初代コペンを思わせる、丸いお目々のコペンの予約も始まっている。こちらは、年内にも発表される見込みだ。

ダイナミックなデザインの内外装を特徴とする、「コペン エクスプレイ」。「コペン」シリーズ第2のバリエーションとして、2014年11月に発売された。
ダイナミックなデザインの内外装を特徴とする、「コペン エクスプレイ」。「コペン」シリーズ第2のバリエーションとして、2014年11月に発売された。 拡大
インテリアの様子。兄弟車の「コペン ローブ」とは異なる意匠のセンターコンソールが与えられる。
インテリアの様子。兄弟車の「コペン ローブ」とは異なる意匠のセンターコンソールが与えられる。 拡大
LED式リアコンビランプの傍らには「XPLAY(エクスプレイ)」のエンブレムが添えられる。
LED式リアコンビランプの傍らには「XPLAY(エクスプレイ)」のエンブレムが添えられる。 拡大
左が今回のテスト車「コペン エクスプレイ」で、右は標準的なボディータイプの「コペン ローブ」。写真は、2014年6月に開催された発表会におけるツーショット。(写真=webCG)
左が今回のテスト車「コペン エクスプレイ」で、右は標準的なボディータイプの「コペン ローブ」。写真は、2014年6月に開催された発表会におけるツーショット。(写真=webCG) 拡大
こちらは、シリーズ第3弾となる“丸目モデル”のイメージ。先代「ダイハツ・コペン」を思わせるデザインが採用されている。発売予定時期は、2015年半ば。(写真=ダイハツ工業)
こちらは、シリーズ第3弾となる“丸目モデル”のイメージ。先代「ダイハツ・コペン」を思わせるデザインが採用されている。発売予定時期は、2015年半ば。(写真=ダイハツ工業) 拡大

替えがきかない個性派ボディー

エンジンを始動するまで、もう少々お付き合いください。つまりコペンは大きく分けて、(1)コペン ローブ、(2)コペン エクスプレイ、(3)丸目のコペン(仮称)の3兄弟ということになる。
ここで気になるのが「着せ替え可能」だというコペンのコンセプトだ。しかしこれが誤解を受けやすい。つい、3つのバリエーションを自由に行き来できるのかと思ってしまうけれど、そうではない。

入念な取材準備で知られるwebCG編集部のS氏によれば、(1)⇔(2)の着せ替えはできない。(2)⇔(3)も不可で、(1)⇔(3)だけができるという。
ただしS氏の調査によれば、(1)⇔(3)の着せ替えはかなりの金額(現時点で未公表。数十万円か?)を要するという。
つまりダイハツが「DRESS-FORMATION」とうたう着せ替えコンセプトは、原則的に(1)(2)(3)の各モデルそれぞれで楽しむ遊びだということになる。

カメレオンのように千変万化することこそダイハツ・コペンがブレイクするきっかけになるのではないかと期待していただけに、ちょっと残念だ。愛川欽也さんがご存命だったら、「はい消えた!」とおっしゃったかもしれない。
しかし、そんな重たい気持ちも、エンジンを始動して走りだせば軽くなる。
繊細さはないけれど、がちっと入るシフトを1速に入れる。低回転域からトルクがあるエンジンなので、クラッチ操作には気を使わなくても大丈夫。すーっと軽快に発進する。

ドアパネルを除く13のボディーパネルには、樹脂パーツが使われており、それぞれ取り外すことができる。同一モデルの色変更は容易だが、モデル間のパネル付け替えは限定的である。
ドアパネルを除く13のボディーパネルには、樹脂パーツが使われており、それぞれ取り外すことができる。同一モデルの色変更は容易だが、モデル間のパネル付け替えは限定的である。 拡大
ブラックのファブリックで仕立てられた、スポーツシート。ベージュのシート地や茶系のインテリアカラーも、セットオプションとして用意される。
ブラックのファブリックで仕立てられた、スポーツシート。ベージュのシート地や茶系のインテリアカラーも、セットオプションとして用意される。 拡大
今回のテスト車は、5段MT仕様。ほかにCVT仕様車がラインナップされる。
今回のテスト車は、5段MT仕様。ほかにCVT仕様車がラインナップされる。 拡大
 
ダイハツ・コペン エクスプレイ(FF/5MT)【試乗記】の画像 拡大

じっくり丁寧に作られている

乗り心地は硬い。不快に感じるほどではないけれど、首都高3号線の路面のつなぎ目では、ビシッと突き上げる。でもそれが不快に感じないのは、安定感を保ったまま、思った通りに動くからだ。ボディーもがっちりしている。高速コーナーや車線変更のたびに、「素直なスポーツカーだな」と感じ入る。「いいクルマ」ではなくて、「いいスポーツカー」だと感じるところがミソである。

道中、ホテルの駐車場で小休止。撮影のために屋根をしまう。ここで、電動で屋根を格納できるのがコペンの強みであると確認する。
マツダ・ロードスターの手動ほろも、運転席に座ったまま開け閉めできる優れモノであり、好きモノなら開け閉めする所作を楽しめる類いのものだ。ではあるけれど、駅の階段だってエスカレーターを使う人のほうが多いように、手動と自動があれば自動を選んでしまうのが人間の性(さが)というものである。

トランクルームに屋根を格納すると、想像以上に荷物が積めないことが発覚する。パートナーと自動車旅行に出られることがホンダS660と比較した場合の明確なアドバンテージになると思っていただけに、これは痛かった。
しかし、箱根山中に入るとそんな痛みも和らぐ。イヤなクセのない、ナチュラルなハンドリングのよさがささいなことを忘れさせるのだ。
ビルシュタイン製ダンパーを備えたコペン ローブSには乗っていないけれど、標準の足まわりでコーナリングが十分に楽しいし、安定している。

オープンにしていると、乾いた排気音が耳に心地いい。ブレーキも、よく利くだけでなくペダルのタッチもしっかりしていていい。ステアリングの手応えを通じて、路面からの情報がしっかりフィードバックされる。

つまり、全体にフィールがいい。ただよくできているとか、よく走るというだけでなく、もう一段上の「味わい」まで求められるクルマだ。国産A5和牛だとか関サバだとか嬬恋の齋藤さんのフルーツトマトだとかいった、特別な素材は使っていないかもしれない。けれども、予算の範囲内でじっくり素材を吟味して、丁寧に調理したという印象を受ける。誠実に作られたスポーツカーだ。

「コペン エクスプレイ」の燃費値(JC08モード)は、5段MT車で22.2km/リッター。CVT車は、より良好な25.2km/リッターを記録する。
「コペン エクスプレイ」の燃費値(JC08モード)は、5段MT車で22.2km/リッター。CVT車は、より良好な25.2km/リッターを記録する。 拡大
ルーフは電動開閉式。クローズド状態からは、約20秒でフルオープンの状態に。(写真をクリックするとルーフのオープン動作が見られます)
ルーフは電動開閉式。クローズド状態からは、約20秒でフルオープンの状態に。(写真をクリックするとルーフのオープン動作が見られます) 拡大
荷室は、ルーフの収納スペースを兼ねているため、その状況により容量が変化する。(写真をクリックするとオープン/クローズの状況が見られます)
荷室は、ルーフの収納スペースを兼ねているため、その状況により容量が変化する。(写真をクリックするとオープン/クローズの状況が見られます) 拡大
左右座席間の後方には、風の巻き込みを防ぐためのウインドディフレクターが置かれる。
左右座席間の後方には、風の巻き込みを防ぐためのウインドディフレクターが置かれる。 拡大
64psと9.4kgmを発生する0.66リッター直3ターボエンジン。アクセル操作に対するレスポンスのよさもセリングポイントだ。
64psと9.4kgmを発生する0.66リッター直3ターボエンジン。アクセル操作に対するレスポンスのよさもセリングポイントだ。 拡大

走りの質で選べるクルマ

というわけで、ダイハツ・コペン エクスプレイには謝りたい。マツダ・ロードスターやホンダS660と勝負するにあたって、真っ向勝負を避けていたのだ。荷物が載るとか屋根の格納が電動だとか、着せ替えができるとか、変化球で勝負しようとしていた。
もっと言えば、いずれ発表される丸目のコペン(仮称)で、ゆるキャラを目指すのもアリだと思っていたのだ。例えばスポーツカー版の「くまモン」とか「ふなっしー」的な存在になるのも、コペンが生き残る道のひとつだと計算していた。

なぜなら、真っ向勝負しても、スポーツカーとしてのブランド力や駆動方式やエンジンレイアウトにこだわるエンスージアストの目をこっちに向けさせることは難しいと考えていたからだ。
昔からのマニアに訴えかけるよりは、SUPER GTにアニメファンが押し寄せるように、別のフィールドからお客さんを集めるほうが手っ取り早いのではないか。

でも、そうではなかった。コペンは、手頃な価格で手に入るコンパクトなスポーツカーとして、ロードスターやS660と真っ向勝負すべきだ。それくらい、しっかりと作られている。変化球で逃げずに直球勝負、正面突破だ。

(文=サトータケシ/写真=峰 昌宏)

左右座席間には、小物入れやドリンクホルダー、冊子類をはさむネットなどが設けられている。(写真は手前が運転席側)
左右座席間には、小物入れやドリンクホルダー、冊子類をはさむネットなどが設けられている。(写真は手前が運転席側) 拡大
マフラーエンドは2本出し。オープンカーらしいスポーツ走行サウンドを実現したとうたわれる。
マフラーエンドは2本出し。オープンカーらしいスポーツ走行サウンドを実現したとうたわれる。 拡大
メーターは3眼式。中央の速度計を、エンジン回転計(左)と燃料計(右)がはさみこむ。
メーターは3眼式。中央の速度計を、エンジン回転計(左)と燃料計(右)がはさみこむ。 拡大
 
ダイハツ・コペン エクスプレイ(FF/5MT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

ダイハツ・コペン エクスプレイ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1280mm
ホイールベース:2230mm
車重:850kg
駆動方式:FF
エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:5段MT
最高出力:64ps(47kW)/6400rpm
最大トルク:9.4kgm(92Nm)/3200rpm
タイヤ:(前)165/50R16 75V/(後)165/50R16 75V(ブリヂストン・ポテンザRE050A)
燃費:22.2km/リッター(JC08モード)
価格:181万9800円/テスト車=191万6633円
オプション装備:オフビートカーキメタリック塗装(5万4000円) ※以下、販売店装着オプション ETCユニット<取り付け費込み>(2万4840円)/カーペットマット<高機能タイプ、取り付け費込み>(1万7993円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:2019km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(6)/山岳路(1)
テスト距離:297.3km
使用燃料:19.7リッター
参考燃費:15.1km/リッター(満タン法)/16.7km/リッター(車載燃費計計測値)

ダイハツ・コペン エクスプレイ
ダイハツ・コペン エクスプレイ 拡大
「コペン エクスプレイ」には、専用デザインの16インチアルミホイール(写真)が与えられる。オプションとして、同じ16インチで別形状の、BBS製鍛造アルミホイールも用意される。
「コペン エクスプレイ」には、専用デザインの16インチアルミホイール(写真)が与えられる。オプションとして、同じ16インチで別形状の、BBS製鍛造アルミホイールも用意される。 拡大
 
ダイハツ・コペン エクスプレイ(FF/5MT)【試乗記】の画像 拡大