ダイハツ・コペン エクスプレイ(FF/5MT)

誠実なるスポーツカー 2015.05.19 試乗記 個性的なエクステリアデザインで“新ジャンル感”を追求したという、ダイハツのオープン軽「コペン エクスプレイ」。5段MTモデルで、その素顔に迫った。

“たたき上げ”のオープン軽

最近みんな、「ダイハツ・コペン」のことを忘れかけているのではないだろうか。思い起こせば去年の初夏、コペンが復活した時には大歓迎だった。あれから1年、コペンの名前が挙がることはまれになってしまった。
しかしそれもしょうがないのである。マツダの「ロードスター」が絶賛され、「ホンダS660」がおもしろいと評判になっているここが、コペンにとっての踏ん張りどころだ。

と、なぜかコペンを応援するような口ぶりになっているけれど、応援したくもなるじゃありませんか。
F1やルマンで勝ったことのあるホンダやマツダと比べれば、スポーツカーメーカーとしてのブランド力は劣る。アッチが親の地盤や顔の広さを活用できる2世議員、2世タレントだとすれば、コッチは徒手空拳のたたき上げだ。しかもアッチはFRとミドシップで、FFのコペンと比べるといかにも本格派っぽい。サラブレッドだ。
普通に考えれば、コペンは圧倒的に不利だ。でも、せっかく自動車界を盛り上げようとガンバってくれたコペンを、このまま見殺しにしてもいいのか。

ダイハツには縁もゆかりもない人間ですが、ここはひとつ、コペンを盛り上げる秘策を考えたい。
「敵を知り己を知れば百戦あやうからず」に従って、まずはいつの間にかバリエーションが増えているコペンのモデルラインナップをおさらい。
2014年6月に2代目となるダイハツ・コペンが登場。先陣を切ったのは、ベーシックな「コペン ローブ」だった。同年11月にはタフでアグレッシブなデザインのダイハツ・コペン エクスプレイが加わった。エクスプレイとは「Extra PLAY(もっと楽しい)」からの造語である。

そしてコペン エクスプレイが登場した1カ月後、今度はビルシュタインのダンパーなどでコペン ローブの走りを強化した「コペン ローブS」が追加されて現在に至る。
ちなみに第3の矢として、初代コペンを思わせる、丸いお目々のコペンの予約も始まっている。こちらは、年内にも発表される見込みだ。

ダイナミックなデザインの内外装を特徴とする、「コペン エクスプレイ」。「コペン」シリーズ第2のバリエーションとして、2014年11月に発売された。
ダイナミックなデザインの内外装を特徴とする、「コペン エクスプレイ」。「コペン」シリーズ第2のバリエーションとして、2014年11月に発売された。
インテリアの様子。兄弟車の「コペン ローブ」とは異なる意匠のセンターコンソールが与えられる。
インテリアの様子。兄弟車の「コペン ローブ」とは異なる意匠のセンターコンソールが与えられる。
LED式リアコンビランプの傍らには「XPLAY(エクスプレイ)」のエンブレムが添えられる。
LED式リアコンビランプの傍らには「XPLAY(エクスプレイ)」のエンブレムが添えられる。
左が今回のテスト車「コペン エクスプレイ」で、右は標準的なボディータイプの「コペン ローブ」。写真は、2014年6月に開催された発表会におけるツーショット。(写真=webCG)
左が今回のテスト車「コペン エクスプレイ」で、右は標準的なボディータイプの「コペン ローブ」。写真は、2014年6月に開催された発表会におけるツーショット。(写真=webCG)
こちらは、シリーズ第3弾となる“丸目モデル”のイメージ。先代「ダイハツ・コペン」を思わせるデザインが採用されている。発売予定時期は、2015年半ば。(写真=ダイハツ工業)
こちらは、シリーズ第3弾となる“丸目モデル”のイメージ。先代「ダイハツ・コペン」を思わせるデザインが採用されている。発売予定時期は、2015年半ば。(写真=ダイハツ工業)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る