赤い屋根が特徴のフィアット500C、50台限定発売

2015.05.16 自動車ニュース
「フィアット500C Tetto Rosso」
「フィアット500C Tetto Rosso」

赤い屋根が特徴の「フィアット500C」、50台限定で発売

FCAジャパンは2015年5月16日、「フィアット500C」の特別仕様車「500C Tetto Rosso(テットロッソ)」を発売した。

 
赤い屋根が特徴のフィアット500C、50台限定発売の画像
 
赤い屋根が特徴のフィアット500C、50台限定発売の画像

今回の特別仕様車のベースとなるのは、1.2リッター直列4気筒SOHCエンジンに5段AT「デュアロジック」を組み合わせる500Cのエントリーグレード「1.2 POP(ポップ)」。

車名に使われる「テットロッソ」は、イタリア語で「赤い屋根」の意味で、グレーのボディーカラー「テックハウスグレー」に赤いソフトトップが組み合わされている。

販売台数は限定50台で、価格は250万5600円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その18) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フィアットのブースを画像で紹介する。
  • 100台限定、5段MTの「フィアット500」が登場 2017.6.28 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット500」に特別仕様車「500S Plus」を設定。2気筒の「ツインエア」エンジンに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた限定モデルで、100台が限定販売される。価格は236万5200円。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • 日産が「フェアレディZ」を一部改良 2017.7.7 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ」を一部改良。エクステリアデザインの一部を変更したほか、ボディーカラーに新色の「カーマインレッド」を採用した。走りに関しては、新開発のクラッチの採用により、MT車の運転時における負担を軽減している。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
ホームへ戻る