マツダ・フレアクロスオーバーの燃費が向上

2015.05.15 自動車ニュース
「マツダ・フレアクロスオーバー」
「マツダ・フレアクロスオーバー」

マツダが「フレアクロスオーバー」を一部改良

マツダは2015年5月14日、軽乗用車「フレアクロスオーバー」を一部改良し、発売した。

フレアクロスオーバーは、「スズキ・ハスラー」のOEM供給モデル。今回の一部改良は、ハスラーの仕様・装備変更を受けてのものである。

一部改良の概要は以下の通り。

・自然吸気エンジンを積む「XG」および「XS」に、ISG(モーター機能付き発電機)を搭載した「S-エネチャージ」を採用することで、アイドリングストップからのエンジン再始動時の静粛性、快適性を向上。
・自然吸気エンジン「R06A型」の改良(圧縮比を高圧縮化、EGRシステムの採用、吸排気計の見直し)により、低中速域の動力性能と燃費性能を向上。
・従来の「パールホワイト」から「クリスタルホワイトパール」に、ボディーカラーを変更。

S-エネチャージ搭載車の価格は、「XG」(FF/CVT)の133万7040円から「XS」(4WD/CVT)の158万2200円まで。

(webCG)

関連キーワード:
フレアクロスオーバーマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダが新型軽「フレアクロスオーバー」を発表 2013.12.27 自動車ニュース マツダがSUVタイプの新型軽乗用車「フレアクロスオーバー」を発表した。
  • マツダがフレアクロスオーバーを一部改良 2015.12.18 自動車ニュース マツダが軽乗用車「フレアクロスオーバー」に一部改良を実施。ターボ車にもモーターアシスト機能「S-エネチャージ」を搭載したほか、ステレオカメラ方式の運転支援システムやステアリングオーディオスイッチ、助手席シートヒーターなどを新たに採用した。
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記 元祖アドベンチャーバイクこと「スズキDR800」。その直系の子孫にあたる「スズキVストローム」シリーズに、250ccクラスの末弟「Vストローム250」が登場した。“怪鳥”の血を引く軽快な最新モデルのキャラクターを、ひとことで表すと……?
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記
  • マツダが「フレアワゴン」の安全装備を強化 2017.1.12 自動車ニュース