マツダ・フレアクロスオーバーの燃費が向上

2015.05.15 自動車ニュース
「マツダ・フレアクロスオーバー」
「マツダ・フレアクロスオーバー」

マツダが「フレアクロスオーバー」を一部改良

マツダは2015年5月14日、軽乗用車「フレアクロスオーバー」を一部改良し、発売した。

フレアクロスオーバーは、「スズキ・ハスラー」のOEM供給モデル。今回の一部改良は、ハスラーの仕様・装備変更を受けてのものである。

一部改良の概要は以下の通り。

・自然吸気エンジンを積む「XG」および「XS」に、ISG(モーター機能付き発電機)を搭載した「S-エネチャージ」を採用することで、アイドリングストップからのエンジン再始動時の静粛性、快適性を向上。
・自然吸気エンジン「R06A型」の改良(圧縮比を高圧縮化、EGRシステムの採用、吸排気計の見直し)により、低中速域の動力性能と燃費性能を向上。
・従来の「パールホワイト」から「クリスタルホワイトパール」に、ボディーカラーを変更。

S-エネチャージ搭載車の価格は、「XG」(FF/CVT)の133万7040円から「XS」(4WD/CVT)の158万2200円まで。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フレアクロスオーバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダがフレアクロスオーバーを一部改良 2015.12.18 自動車ニュース マツダが軽乗用車「フレアクロスオーバー」に一部改良を実施。ターボ車にもモーターアシスト機能「S-エネチャージ」を搭載したほか、ステレオカメラ方式の運転支援システムやステアリングオーディオスイッチ、助手席シートヒーターなどを新たに採用した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ (4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.7 試乗記 ベースとなった「GLE」から、より長く、より幅広く、そして低められたボディーと、流麗なルーフラインが特徴的な「メルセデス・ベンツGLEクーペ」。3リッターV6搭載の「AMG GLE43 4MATIC クーペ」に試乗し、メルセデスの意図したところを探った。
ホームへ戻る