トヨタ・オーリス120T(FF/CVT)

主役は遅れてやってきた 2015.05.25 試乗記 トヨタ初の1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載する「トヨタ・オーリス120T」に試乗。その走りは“ダウンサイジング”では一歩先を行く欧州勢に迫ったか? 遅れてきた主役の実力を探った。

“カローラ ハッチバック”に歴史あり

もしもシリーズ「トヨタが『ゴルフ』をつくったら……」を具現したのがトヨタ・オーリスだ。「プリウス」が21世紀のトヨタのハッチバックの王道をいく中、オーリスは裏街道をひた走ってきた。常に“そういやあるな”という印象のモデルだが、要は「カローラ」のハッチバック版で、かなり昔からあった。

源流は1984年に登場した「カローラFX」。FXは3世代にわたって95年まで生産され、その後、カローラのハッチバック版は国内ではいったん途切れたものの、2001年に「カローラ ランクス/アレックス」(兄弟車)として復活する。そのランクス/アレックスが、06年に車名を新たにオーリスとしてモデルチェンジした。現行オーリスは12年に登場した2世代目で、この度、マイナーチェンジが行われた。←今ココ。

一時期は現行オーリスをベースに、2.4リッター直4を積んだ「ブレイド」や3.5リッターV6を積んだ「ブレイドマスター」などの派生モデルもあったが、最近は1.5リッター直4と1.8リッター直4のオーリスのみの設定。そこへ、今回、新開発の1.2リッター直4ターボエンジンを搭載した120Tというモデルが追加された。

「オーリス120T」の価格はシリーズ中、最も高価な259万37円。「爽快な走りと低燃費を両立した最上級グレード」という位置付け。


    「オーリス120T」の価格はシリーズ中、最も高価な259万37円。「爽快な走りと低燃費を両立した最上級グレード」という位置付け。
ピアノブラックとサテンクロムメッキ加飾でセンターパネルを上質に演出。さらに「120T」グレードでは、派手な木目調のパネルで豪華さを表現している。
ピアノブラックとサテンクロムメッキ加飾でセンターパネルを上質に演出。さらに「120T」グレードでは、派手な木目調のパネルで豪華さを表現している。
試乗車のボディーカラーは新色のブルーメタリック。
試乗車のボディーカラーは新色のブルーメタリック。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

オーリスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ジュネーブショー2017の会場から(その7) 2017.3.9 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。トヨタはTOYOTA GAZOO Racingが開発した「ヤリスGRMN」や、3人乗りシティーコミューターのコンセプトモデル「i-TRIL」を発表した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る