ホンダ・ステップワゴン スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)

ミニバンってすばらしい 2015.05.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。

テールゲートに横開きのドアをプラス

ステップワゴンはどうやらママがターゲットらしい。でも私、ママだけど、何を隠そう、気持ちはオトコ(!?)。ウチは男女逆転夫婦で、クルマ選びも運転も私の担当。今のクルマ以外は夫が運転できないMT仕様の激安欧州車ばかりで、国産ミニバンは一番遠い存在でした。気性も荒く(笑)、4歳の息子には「ママちゃんのほうがコワイ」と言われています。

そんな私が、新型ステップワゴンに乗ってみました。といっても、ステップワゴンには先代から一目置いていました。5ナンバーサイズミニバンで唯一、3列目シートが床下収納できることがその理由。その後登場したトヨタの新型「ヴォクシー/ノア」が跳ね上げ式だったので、「これってトヨタでもマネできないスゴ技なのかも」なんて。ところが、新型のタテにもヨコにも開く「わくわくゲート」を見たら、「なんで今までなかったんだろう?」 消費者は勝手で申し訳ありません。

大きなテールゲートを上下に開閉する動作って、筋肉量の少ない女性には、結構大変なんですよ。私のようによわい40を超えてくると、腰痛もあるし、周囲からは「肩があがらない」「運動するとひざが痛い」といった声も耳にします。特に未就学児を持つママたちは、自分の時間が持てず、運動不足になりがち。お肉はつくのに、筋肉は落ちるので、腰痛がひどくなる。そのうえ、子供はところかまわず抱っこをねだる。ウチの子なんて17kgもありますからね! ヒアルロン酸やコンドロイチンに手を出したいのは、おばあさんより私たち世代なんです! だからこそ、テールゲートはチョイ開けできる横開きが正解。普段使いは、こっちがメインになるでしょうし、これからはきっとミニバンのスタンダード装備になるでしょうね。

それに、このゲートを付けることで、3列目シートの使い勝手まで圧倒的によくなっています。これまでの3列目シートは、“狭い、出にくい、入りにくい”の三重苦を抱えた、「ザ・ガマン」的空間でした。新型ステップワゴンは、そこに内側からも開けられる専用のお勝手口を付けることで、安心・快適なスペースにしています。しかもシートはストラップを引くだけで、ほぼ瞬間的に床下へ。音もなく優雅に収納される様は圧巻です!

5代目となる新型「ステップワゴン」。写真は標準モデルの「G」。
5代目となる新型「ステップワゴン」。写真は標準モデルの「G」。
「G」のインストゥルメントパネルまわり。ダッシュボード上面のインパネアッパーボックスをはじめ、各所に収納が設けられている。
「G」のインストゥルメントパネルまわり。ダッシュボード上面のインパネアッパーボックスをはじめ、各所に収納が設けられている。
テールゲートに横開きのサブドアを設けた「わくわくゲート」。荷物の出し入れだけでなく、3列目シートの左側を倒せば、ここから乗り降りもできる。
テールゲートに横開きのサブドアを設けた「わくわくゲート」。荷物の出し入れだけでなく、3列目シートの左側を倒せば、ここから乗り降りもできる。
3列目シートは6:4分割の床下格納式。サブドアからの乗降を考慮して、左側の席のシートバックには、外して洗えるマットを備えている。
3列目シートは6:4分割の床下格納式。サブドアからの乗降を考慮して、左側の席のシートバックには、外して洗えるマットを備えている。
車内からサブドアを開ける場合は、グリップに設けられたスイッチを約1秒間長押しする。また安全のため、停車時、テールゲートが閉じた状態でなければサブドアは開かない仕組みとなっている。
車内からサブドアを開ける場合は、グリップに設けられたスイッチを約1秒間長押しする。また安全のため、停車時、テールゲートが閉じた状態でなければサブドアは開かない仕組みとなっている。
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
ホームへ戻る