第399回:自動運転は乗り物酔いを招く?

2015.05.22 エッセイ

乗り物酔い

自動車雑誌の編集記者出身のボクであるが、実は乗り物に強いほうではない。ボクが子供の頃、観光バスに乗ると、座席ポケットにビニール袋が差し込まれていたものだ。単なるゴミ袋のつもりだったのかもしれないが、最初から「このバスは酔いますヨ」と宣言されているようでつらかった。

今住んでいるイタリアでも、人のクルマに乗るときは酔わないように、さまざまな工夫をしている。例えば、座席は閉所感のない前席を選ぶ。特に2ドア車や3ドア車では絶対に後席には乗らない。タクシーでも前席主義を通す。イタリアのタクシーは、独りで乗るとき、助手席に乗ってもよい場合が多いので助かる。

また乗車する前は、「空腹すぎず、満腹すぎず」を心がけている。飲み物にも気を使う。イタリア人はアウトストラーダでサービスエリアに入るやいなや、クルマから降りて真っ先に一角に作られたバールに向かい、エスプレッソコーヒーをグイッと傾ける。しかし、ボクはといえばコーヒー類はなぜか酔う原因になるので、紅茶やジュースにしておく。
乗車中は、地図やカーナビ、スマートフォンはなるべく見ないようにする。どうしても見なければならないときは、目の高さまで上げて読み、酔わないようにしている。コマ図をひたすら見ているラリーのコ・ドライバーなどは、ボクにとって尊敬の対象である。

イタリア人の家に招かれた場合も要注意だ。日本人の標準からすると、想像を超える量の食事を振る舞われることが多い。同様に招かれた仲間から「ついでに送り迎えするぜ」という誘いをもらうときもあるが、人が運転するクルマに揺られるのは苦手なので、雨が降ってもやりが降っても自分で運転してゆく。

イタリアの郊外行きバスは、スタイリッシュな外観と裏腹に、エアコンが効かなかったり壊れていたりで換気が悪く、酔いやすい。
バスの室内。
狭い空間は苦手なものの、モーターショー会場では、サードシートに収まってみたがる矛盾に満ちた筆者。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。