シトロエンC5に60台限定の最終モデル登場

2015.05.19 自動車ニュース
「シトロエンC5ファイナルエディション」
「シトロエンC5ファイナルエディション」

「シトロエンC5」に60台限定の最終モデル登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年5月19日、「シトロエンC5」に特別仕様車「C5 Final Edition(ファイナルエディション)」を設定し、60台限定で発売した。

 
シトロエンC5に60台限定の最終モデル登場の画像
 
シトロエンC5に60台限定の最終モデル登場の画像

今回の特別仕様車は、日本向けのC5が生産終了となるのに伴って設定された限定モデルだ。現行ラインナップとしては、シトロエン独自の油圧サスペンションシステム「ハイドラクティブサスペンション」を搭載する最後のモデルとなる。

ベースとなるのは上級グレードの「エクスクルーシブ」で、18インチ大径ホイールを特別装備。カラーバリエーションは、外装色が「ブラン ナクレ」の場合、内装色は「ミストラル」、外装色が「マティ ボワール」の場合、内装色は「マチナル」となる。

価格は「C5ファイナルエディション」が480万円、「C5ツアラー ファイナルエディション」が502万5000円。それぞれ30台が限定販売される。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC6(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2007.2.22 試乗記 ……682.0万円
    総合評価……★★★★★

    2006-2007年インポートカーオブザイヤーを受賞した「シトロエンC6」。独創のハイドロニューマティックやデザインの斬新さばかりが取り上げられるが、走ってみれば実は速いクルマなのだという。その理由は……。
  • シトロエンC6 エクスクルーシブ (FF/6AT)【試乗記】 2006.11.9 試乗記 シトロエンC6 エクスクルーシブ (FF/6AT)
    ……710.0万円

    久々の最上級ダブル・シェブロン「シトロエンC6」が上陸した。奇抜なデザイン、お家芸の油圧エアサス、異彩を放つ高級サルーンは、乗り味もきわめて個性的=シトロエン的だった。


  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る