第297回:アジア担当に聞く フェラーリにとっての日本、そしてアジア市場とは?

2015.05.21 エッセイ
フェラーリの最新モデル「488GTB」と、フェラーリ・ジャパン 代表取締役社長のリノ・デパオリ氏(右)、フェラーリ極東エリア統括 マネージング・ディレクターのディーター・クネヒテル氏。
フェラーリの最新モデル「488GTB」と、フェラーリ・ジャパン 代表取締役社長のリノ・デパオリ氏(右)、フェラーリ極東エリア統括 マネージング・ディレクターのディーター・クネヒテル氏。

フェラーリ・ジャパンのリノ・デパオリ社長は、自身の新婚旅行先として日本を選んだほどの日本好きだ。日本に着任する前には中国市場を担当した経験もある。そして、今年4月に就任したばかりのフェラーリ極東エリア統括のディーター・クネヒテル氏も、以前は日本に住んでいたこともあるだけに、日本やアジアへの造詣は深い。
そんな“アジア通”の2人が考える日本とアジア市場の現在、そして今後について、「フェラーリ488GTB」の発表を機にうかがった。

本題に入る前に、フェラーリファンにとっては衝撃的だった半年前(2014年9月)のニュース、ルカ・モンテゼーモロ氏辞任以降のフェラーリの話から。

フェラーリの内情

―― 昨年秋にモンテゼーモロ会長が辞任しました。それから半年たって、フェラーリ社内では何か変化はありましたか。

デパオリ氏:創立者のエンツォ・フェラーリの時代からの長い歴史があります。その間、根本的な企業方針や文化というものは変わっていません。また、日本のみならず世界市場への取り組みについても、サービス、商品、プロダクトそれぞれの面でも大きな変更はありません。

―― つまり、フェラーリというスーパースポーツカーを作る会社は(トップが変わっても)変わらないということですね。そうすると、モンテゼーモロさんが、年間4000台程度から年数をかけて7000台を超えるくらいまでに成長させた結果、やはり7000台くらいがちょうどいいバランスだと言っていました。それについては今後も全体の数を7000台前後に保つということも変わらないのでしょうか。

デパオリ氏:フェラーリのエクスクルーシブ性を維持するという考えに変わりはありません。常にフェラーリはニーズよりも1台少ない台数を供給するということが根幹にありますので、そこは変わらないのです。
もちろん市場によっては多少の変動があったりもしますし、供給できる生産台数も変化することはあります。ただし、そこはグローバルの市場間での台数調整でクリアできる問題です。
いずれにせよ、基本的にフェラーリのブランドとしてのバリュー、価値というものを維持していきますので、エクスクルーシブ性を保っていくという戦略が変わるということはないのです。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ