ジャガーXE 2.0(FR/8AT)/XE 3.0(FR/8AT)/XE 2.0ディーゼル(FR/6MT)

本命登場 2015.05.28 試乗記 ジャガーの新型ミドルサイズセダン「XE」に試乗。ジャガーが再び世に問う“プレミアムコンパクト”は、ジャーマンスリーの牙城に迫ることができるのか。スペインからの第一報。

捲土重来を期す

21世紀に入って生まれた最初のジャガー、「Xタイプ」。思えばこのクルマは、新しいミレニアムに向けて大きな合従連衡を伴う急速な拡大路線を採った自動車産業の悲哀に満ちていた。

自社の傘下にある高級車部門をプレミアム・オートモーティブ・グループとして一つに束ねたフォードが、その一員であった当時のジャガーに課したのは、従来比でざっと5倍もの販売拡大だ。しかも結果を出すのに与えられた時間は10年にも満たなかった。そのためには小さく求めやすいクルマを投入することが不可避……ということで、彼らはフォードのアーキテクチャーを用いてDおよびEセグメントのモデルを開発することとなったわけだ。
Eセグメントに相当する「Sタイプ」には「リンカーンLS」と共通のプラットフォームが用いられた。そしてXタイプにあてがわれたのは欧州仕様の「フォード・モンデオ」、つまり横置きFFのプラットフォームである。

さすがに前輪駆動はいかがなものかということになったのだろう、四輪駆動として言い訳めいたかたちで登場したXタイプは、誰がみてもジャガーという意匠をもっていながらも、市場では決して好意的に受け止めてはもらえなかった。
そうこうしているうちにこのプロジェクトを企てた当時のフォードの最高経営責任者、ジャック・ナッサーは本体の財務状況の悪化や欠陥問題などの責任をとってフォードを退社。Xタイプは途中で開き直りのFFモデルも投入するが販売は上向かず……と、もうジャガーにとってはこのクルマ、“黒歴史”の1ページと化していると言っても過言ではない。

が、そんなXタイプが僕は嫌いではない。何より驚かされたのはその乗り味が、“年改”ごとに見る見るジャガーネスをたたえていったことだ。それはSタイプもしかりだったが、こちらは元ネタがモンデオである。それをこうも見事に化けさせるのかと、とてもFF系とは思えないステアリングフィールを手のひらでなめずりながら、僕はジャガーの中にいる、恐らくは実験部門の手だれぶりに思いをはせた。

2014年9月のパリモーターショーで世界初公開された「ジャガーXE」。日本でもすでに「XEファーストエディション」(400台限定)と「XEアドバンテージエディション」(200台限定)という2種類の特別仕様車の受注が開始されている。


    2014年9月のパリモーターショーで世界初公開された「ジャガーXE」。日本でもすでに「XEファーストエディション」(400台限定)と「XEアドバンテージエディション」(200台限定)という2種類の特別仕様車の受注が開始されている。
「XE」にはインテリアやエクステリア、装備などの違いによって「ピュア」「プレステージ」「ポートフォリオ」「Rスポーツ」「S」という5種類の仕様が用意される。写真は3リッターV6エンジンを搭載する「XE S」のインテリア。スポーティーさが強調されている。
「XE」にはインテリアやエクステリア、装備などの違いによって「ピュア」「プレステージ」「ポートフォリオ」「Rスポーツ」「S」という5種類の仕様が用意される。写真は3リッターV6エンジンを搭載する「XE S」のインテリア。スポーティーさが強調されている。
全長は4672mmでホイールベースは2835mm。「メルセデス・ベンツCクラス」や「BMW 3シリーズ」に正面からぶつかるサイズだ。
全長は4672mmでホイールベースは2835mm。「メルセデス・ベンツCクラス」や「BMW 3シリーズ」に正面からぶつかるサイズだ。
「XE」のボディーは75%以上がアルミで作られている。フォルムのCd値は0.26。
「XE」のボディーは75%以上がアルミで作られている。フォルムのCd値は0.26。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XEの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXF 20d ピュア(FR/8AT)/XF 25t プレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.26 試乗記 ボディーにアルミニウムを大々的に採用し、先進的なインフォテインメントシステムを搭載するなど、大きく飛躍したジャガーの新型「XF」。2リッターディーゼルエンジン搭載車と、同じく2リッターガソリンエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • 第8回:XFは生粋のドライバーズカーである(最終回)
    2カ月間で3000kmを後にして思ったこと
    2016.8.24 特集 2カ月にわたってリポートしてきた「ジャガーXF」の長期試乗記も、今回でいよいよ最終回。3000kmあまりを後にして、われわれの手元に残ったXFの手応えは……。まずは燃費の報告から。総平均は9.2km/リッターまで上昇した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る