メルセデス・マイバッハS600(FR/7AT)

“究極”の再定義 2015.05.27 試乗記 全長約5.5mの堂々たる巨躯(きょく)を誇る「メルセデス・マイバッハS600」に試乗。メルセデス・ベンツが持つテクノロジーとクラフトマンシップの粋を集めたラグジュアリーサルーンは、われわれにどのような世界を見せてくれるのだろうか。

圧倒的な静けさ

関東平野を横断する北関東自動車道は比較的すいていた。赤城山を後ろにしつつ、右足でアクセルペダルを踏み抜く。フラットアウト。タコメーターが5000rpmを超えると、スリーポインテッドスターの下に潜む6リッターV12ツインターボの力強いサウンドが分厚い壁の向こうから控えめに聞こえてくる。

メルセデス・マイバッハS600は5460mmの巨躯を、粛々と加速する。速度計の針が0-100km/h加速に匹敵する勢いで、左から右へと移動していく。であるのに、室内は静謐(せいひつ)に保たれる。ガラスの向こうには猛烈な風圧とロードノイズが発生しているはずなのに……。

もしもアウトバーンの速度無制限区間であったなら、マイバッハS600は200km/h巡航を粛々と実現するだろう。「7Gトロニック」と呼ばれるメルセデスの7段ATの、無段変速であるかのような変速マナーがV12のスムーズネスをいささかも損ねることなくドライバーに訴えかける。

再びよみがえったマイバッハ。メルセデス・ベンツブランドの傘下で、“究極のエクスクルーシブ性”を追求するブランドと再定義された。
再びよみがえったマイバッハ。メルセデス・ベンツブランドの傘下で、“究極のエクスクルーシブ性”を追求するブランドと再定義された。
インテリアのデザインは「Sクラス」に準じる。“コマンドポジション”というほどではないが、運転席の着座位置は高い。
インテリアのデザインは「Sクラス」に準じる。“コマンドポジション”というほどではないが、運転席の着座位置は高い。
6リッターV12 SOHC ツインターボエンジンは「S600ロング」と同様に530psと84.6kgmを発生する。
6リッターV12 SOHC ツインターボエンジンは「S600ロング」と同様に530psと84.6kgmを発生する。
「S600ロング」と比べて全長は210mm、ホイールベースは200mm長い。それに伴いルーフの形状も変更されており、Cピラーにクオーターウィンドウを持つ“6ライト”とされた。
「S600ロング」と比べて全長は210mm、ホイールベースは200mm長い。それに伴いルーフの形状も変更されており、Cピラーにクオーターウィンドウを持つ“6ライト”とされた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。