ホットなワゴン、VWゴルフR ヴァリアント発売

2015.05.19 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフR ヴァリアント」
「フォルクスワーゲン・ゴルフR ヴァリアント」

ホットなワゴン、「フォルクスワーゲン・ゴルフR ヴァリアント」発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年5月16日、ワゴンの高性能モデル「ゴルフR ヴァリアント」と、同モデルの導入を記念する100台限定の特別仕様車「ゴルフR ヴァリアント Launch Edition(ローンチエディション)」を発売した。

 
ホットなワゴン、VWゴルフR ヴァリアント発売の画像
 
ホットなワゴン、VWゴルフR ヴァリアント発売の画像
限定車「ゴルフR ヴァリアント ローンチエディション」
限定車「ゴルフR ヴァリアント ローンチエディション」
「ゴルフR ヴァリアント ローンチエディション」のインテリア。ツートンカラーのナパレザーシートが与えられる。
「ゴルフR ヴァリアント ローンチエディション」のインテリア。ツートンカラーのナパレザーシートが与えられる。

■パワフルな実用ワゴン

今回発売されたゴルフR ヴァリアントは、高性能モデル「ゴルフR」のワゴンバージョンといえるモデル。

一番の目玉となるのは、ゴルフRゆずりの280ps/5100-6500rpmと38.7kgm/1800-5100rpmを発生する2リッター直4ターボエンジンで、6段のDSG(デュアルクラッチ式AT)を介して4輪を駆動する。20mmローダウンした専用スポーツサスペンションも装備する。
一方で、標準的なゴルフヴァリアントと同じ容量605~1620リッターの荷室を有するなど、ユーティリティー性の高さもセリングポイントとなっている。

内外装では、専用デザインの前後バンパーやリアスポイラー、ディフューザー、専用レザーシートなどが見どころ。
プリクラッシュブレーキシステム「Front Assist」やレーンキープアシストシステム「Lane Assist」、さらにゴルフシリーズでは初となるブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)やリアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)といった安全装備も与えられる。

価格は、559万円。ボディーカラーはピュアホワイト、ラピスブルー、ディープブラックパールエフェクト、オリックスホワイトマザーオブパールエフェクトの4色が設定される。

今回は同時に、“導入記念モデル”ゴルフR ヴァリアント ローンチエディションも100台限定で発売された。
こちらは、ツートンカラー(モダングレー&ブラック)のナパレザーシートと、ブラックペイントが施された10スポークの19インチアルミホイールを装備することで、さらなる特別感が演出されている。

ボディーカラーは、ラピスブルー、ディープブラックパールエフェクト、オリックスホワイトマザーオブパールエフェクトの3色で、価格はゴルフR ヴァリアントに比べて22万8000円高の581万8000円。

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフヴァリアントフォルクスワーゲンゴルフ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
ホームへ戻る