メルセデスAMG GT S(FR/7AT)

汗もかけるスーパースポーツ 2015.06.03 試乗記 「メルセデスAMG」ブランドのスーパースポーツカー「AMG GT」に試乗。新開発の4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する新型2シータークーペは、富士スピードウェイでいかなる走りを見せるのか。

パフォーマンスは文句なし

このようなスーパースポーツをサーキットで試乗する機会をいただけるのは実にありがたい。0-100km/h加速3.8秒、最高速度310km/h(GT Sの数値)の超高性能車ともなれば、普通の道ではその実力のほんの一片を垣間見るのが精いっぱい、高速域はそもそも試せない。誠にありがたいことではあるが、ただし同時にサーキット走行ゆえの制約もあるし、何より速い車ほどあっという間に試乗が終わってしまうのだ。当たり前だけど。

メルセデスAMG GTの試乗会は富士スピードウェイのピットガレージで国内発表会を行った直後に、本コース上でのテストドライブという段取りだった。ピットアウト/インの周回を含めてひとり4周という割り当ては少ないと思われるかもしれないが、発表直後のスーパースポーツでは実はそんなに珍しいことではない。はるばるマラネロまで出掛けて富士の半分ほどの距離のフィオラーノ4周だけということもあったし、突然F1のテストが入ったからここで切り上げ、なんて経験もある。

コックピットのあちこちをあらためて見回しながら、7段デュアルクラッチ式のAMGスピードシフトDCTのシフトアップのスムーズさなどを確認しつつピットアウト、と前方に目を戻せば先導車はもう小さくなっているではないか。え、アウトラップはノーマルモードで確認しながら行きます、てなことを言ってなかったっけ? ちなみに先導車の「SL63 AMG」のドライバーはAMGドライビングアカデミーのインストラクターも務めている元F1ドライバー高木虎之助選手、いや今ではスーパーGTの監督だから、ちょちょっと待ってカントクさんということになるが、スケジュールがタイトだったというよりせっかくの高性能を存分に体験してもらおうという配慮からだと思うが、いきなり容赦ないペースである。あまり離れてしまっては後続車にも迷惑をかけることになるので、各部観察を諦めてスロットルペダルを踏みつける。途端に4リッターV8ツインターボはちょっとアメリカンな野太い咆哮(ほうこう)を轟(とどろ)かせながら、猛然とかつスマートに加速する。上記性能データを納得させる瞬発力である。

「AMG GT」には標準仕様の「GT」(1580万円)と、より高性能な「GT S」(1840万円)が設定される。今回試乗したのは後者。
「AMG GT」には標準仕様の「GT」(1580万円)と、より高性能な「GT S」(1840万円)が設定される。今回試乗したのは後者。
スポーティーさが強調されたインテリア。幅の広いセンターコンソールが強い存在感を示す。
スポーティーさが強調されたインテリア。幅の広いセンターコンソールが強い存在感を示す。
ドライサンプの4リッターV8ツインターボエンジン(510ps)は、一見エンジンカバーに見える黒いプレートの下にはなく、もっとスカットルに寄せて搭載されている。トランスアクスルレイアウトを採用し、重量配分は前47:後ろ53。
ドライサンプの4リッターV8ツインターボエンジン(510ps)は、一見エンジンカバーに見える黒いプレートの下にはなく、もっとスカットルに寄せて搭載されている。トランスアクスルレイアウトを採用し、重量配分は前47:後ろ53。
ボディーのスリーサイズは4550×1940×1290mm。「SLS AMG」と比較して全長は90mm程度短い。Cd値は0.36。
ボディーのスリーサイズは4550×1940×1290mm。「SLS AMG」と比較して全長は90mm程度短い。Cd値は0.36。
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る