第99回:運転好きのおちゃめなロボットは、敵か、味方か?
『チャッピー』

2015.05.21 エッセイ

人工知能が人類を絶滅させる?

昨年、ホーキング博士が人工知能について警告を発し、世界に衝撃を与えた。完全な人工知能の開発は、人類の終わりを意味するかもしれないと話したのだ。人工知能は加速度的に自分を再設計していくので、ゆっくりとしか進化できない人間には勝ち目がないという。同時期に、テスラモーターズのイーロン・マスクも恐ろしい未来予測をしている。人工知能の発展が引き起こす深刻な危機は、これから5年以内にやってくると警鐘を鳴らした。

チェスの世界では1996年にIBMのディープ・ブルーが世界チャンピオンのカスパロフに最初の勝利を挙げており、21世紀に入ってからは人間がコンピューターに勝つのは困難になっている。将棋でも電王戦でプロ棋士が厳しい戦いを強いられるようになった。コンピューターの性能がさらに向上して人間と同様の思考回路を手に入れれば、自らの意志を持って人類の前に立ちはだかるかもしれない。

このテーマは映画でも繰り返し取り上げられている。1968年の『2001年宇宙の旅』では、宇宙船ディスカバリー号をコントロールしているHAL9000が反乱を起こし、乗組員を殺害した。物語の設定は現在から14年前だが、幸いなことにそんな事件は発生していない。1984年の『ターミネーター』は、戦略防衛コンピューターシステムのスカイネットが機械軍で攻撃し、人類は絶滅の危機にさらされる。舞台は2029年で、ホーキング博士の言葉が正しければ、あと14年でわれわれは人工知能と戦闘状態に入るのだ。

『チャッピー』も、人工知能を扱った作品である。2016年、南アフリカでは治安の悪化に対処するためロボット警官を採用し、犯罪を減らすことに成功していた。

(C)Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。