シボレー・キャプティバに特別仕様車

2015.05.21 自動車ニュース
「シボレー・キャプティバ ACTIVE LIFE EDITION」。ボディーカラーはディープエスプレッソブラウンメタリック。
「シボレー・キャプティバ ACTIVE LIFE EDITION」。ボディーカラーはディープエスプレッソブラウンメタリック。

「シボレー・キャプティバ」に特別仕様車

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年5月21日、7人乗り中型SUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ ACTIVE LIFE EDITION(アクティブライフエディション)」を発表した。30台の限定で、6月6日に発売する。

「キャプティバ ACTIVE LIFE EDITION」のスモーキーアイグレーメタリック仕様。
「キャプティバ ACTIVE LIFE EDITION」のスモーキーアイグレーメタリック仕様。
ジェットブラック/スパイスレッドのアーティフィシャルレザー・コンビネーションシート。
ジェットブラック/スパイスレッドのアーティフィシャルレザー・コンビネーションシート。
ナビゲーションシステムには、使用頻度の高い操作を手元でコントロールできる「スマートコマンダー」も付く。
ナビゲーションシステムには、使用頻度の高い操作を手元でコントロールできる「スマートコマンダー」も付く。

■内外装に特別色を採用

ベースはキャプティバの標準グレード。専用装備としてレッドのアクセントが入ったシートと2色のボディーカラー(ディープエスプレッソブラウンメタリックとスモーキーアイグレーメタリック)が採用され、さらに後席用モニターやリアビューカメラなどが付いたパイオニア製ナビゲーションシステムが装着される。

販売台数はディープエスプレッソブラウンメタリック仕様が4台、スモーキーアイグレーメタリック仕様が26台の合計30台。価格はベースモデルの10万円高に当たる379万円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】 2001.9.8 試乗記 シボレー・ブレイザーLS(4AT)
    ……298.0万円

    1983年に登場したシボレー・ブレイザー。息の長いこの手のクルマのなかにあっても、いよいよモデル末期。熟成なったシェビーのSUVに、自動車ジャーナリスト、笹目二朗が乗った。


  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
ホームへ戻る