三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)

自己アピールを磨きましょう 2015.05.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。

存在感が示せていない

三菱自動車と日産自動車が50%ずつ出資することで誕生したNMKV(Nissan Mitsubishi Kei Vehicle)。その第2弾モデルとして、2014年2月に発表されたのが三菱ekスペースである。

“イケイケドンドン”で大幅な需要拡大が望める軽自動車マーケットであるからこそ(最近は増税の反動減が見られるが)、そこでの成長を懸け、将来を見据えた投資として設立されたNMKV。当初の話題性は十分だったが、その後、勢いのある話はそれほど聞こえてこない。それもそのはず、軽自動車の世界ではスズキ、ダイハツの2強にホンダが加わり、厳しい競争が繰り広げられているのだから、NMKVも決して楽ではない。さらに三菱にとってつらいのは、基本的に同じ商品である「日産デイズ ルークス」と比べても、認知度を含めてやや水をあけられている点だ。日産のマーケティングのうまさが差をつけた格好といえるだろう。

しかし、“規格外”(軽自動車の高さに対する概念という意味合い)の存在である「ダイハツ・ウェイク」を除けば、高さが売りの軽スーパーハイトワゴンの中で、「ホンダ N-BOX」に次ぐ1775mmという全高を持つekスペースには優位性があるはず。発売から約1年3カ月、その魅力をあらためて検証するとともに、「今後のekスペースに何が必要なのか」を考えてみた。

「カスタムT e-Assist」のインストゥルメントパネルまわり。
「カスタムT e-Assist」のインストゥルメントパネルまわり。
「カスタム」では、グレードが違ってもインテリアの仕様は基本的に共通。内装色はブラックとなる。
「カスタム」では、グレードが違ってもインテリアの仕様は基本的に共通。内装色はブラックとなる。
「カスタムT e-Assist」のリアシート。「eKスペース」では、標準モデルの「E/E e-Assist」を除く全車に、リアシート用のロールサンシェードが装備される。
「カスタムT e-Assist」のリアシート。「eKスペース」では、標準モデルの「E/E e-Assist」を除く全車に、リアシート用のロールサンシェードが装備される。
「eKスペースG e-Assist」のリアビュー。
「eKスペースG e-Assist」のリアビュー。
関連記事 ホームへ戻る