「水野和敏的視点」 vol.101 ホンダS660α(後編)

2015.05.22 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.101 ホンダS660α(後編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏。そんな氏が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回もホンダの意欲作、軽自動車のスポーツカー「S660」に試乗する。



ホンダS660 α
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1180mm/ホイールベース:2285mm/車重:830kg/駆動方式:MR/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:64ps/6000rpm/最大トルク:10.6kgm/2600rpm/タイヤ:(前)165/55R15 75V (後)195/45R16 80W/価格:218万円

■「個性」と「独りよがり」は違う

前回に続き、今回も「ホンダS660」を取り上げます。軽自動車の規格の中で、上手にミドシップスポーツにまとめたS660ですが、細かく見ていくと「どうして?」と思わせる部分も少なくありません。

まず気になるのが乗降性の悪さ。どういうわけかインストゥルメントパネルの右端が下方に突き出しており、ドアを開けて乗り込もうとすると邪魔になるのです。そこにはドアミラーの調整スイッチが配置されているのですが、なぜドアの開口部を狭めてまで、ミラーの調整機能を優遇する必要があるのでしょうか?

さらに悪いことに、ドアの下部ではスピーカーを収めたプラスチックのケースが異様なまでに突出しています。また車体のフロントピラーとシルが接合する角部のコーナーRが異常なほど大きく、ドア前端部の“足元通過スペース”を狭めてしまっています。そのせいで、S660の低いシートにインパネの出っ張りを気にしつつ体を滑り込ませると、必ずといっていいほど靴の先でスピーカーの格子を擦ってしまうのです。

すでにこの試乗車でも、ドアのスピーカー部と、そこから連続するアームレストの下端部には、靴によるものと思われる多数の擦り傷が付いており、広い範囲で黒いプラスチック部品が傷とともに白化していました。

S660はスポーツカーですから、着座位置が低いのは当たり前。でも、だからこそ乗降性にはより一層、配慮しなければなりません。特に2ドア車ではドアが前後に長くなりますから、スーパーマーケットの駐車場など狭い場所では半分程度しか開けられないなんてことも多いはずです。テストコースの広い駐車場とは事情が違うのです。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=藤井元輔)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。