ホンダS660 α(MR/6MT)

癒やしのスーパーカー 2015.06.01 試乗記 ちまたで話題の「ホンダS660」を、フェラーリマニアとして知られるモータージャーナリスト 清水草一は「これまでなかったスーパーカー」と評価する。その理由は……?

「頑張らない」のが新しい

S660については、『webCG』ですでに何度も取り上げられているので、今回はS660を注文して納車待ちの筆者が、一足早く納車気分を味わったエッセイのような試乗記を書かせていただきます。

今回試乗したのは「α」の6MT、センターディスプレイなしのシティーブレーキ付き。偶然私が注文したのとまったく同じ仕様だった。これまでS660には、ミニサーキットと高知県の一般道で試乗しているが、自宅に乗って帰ったのは初めてで、まさしく一足早い納車気分を味わうことができた。

朝、自家用車感満点で箱根へ向かう。東名を走りながらまず感じたのは、なんともいえない癒やし感だった。
私はS660を、これまで存在しなかった新しいスーパーカーの形だと考えている。加速は軽だけどカッコやメカの作り込みやコーナリング速度はスーパーカー。そこには奇跡的な斬新さがある。

本来、スーパーカーに乗っている時は癒やしなど感じないし、感じてはいけない。それはパーフェクトな非日常であり、死と隣り合わせの快楽に震えるべき瞬間だ。しかしS660から漂うこの猛烈な癒やし感! それは「このままでいいんだよ」という、最近流行のアレだった。
あ~、もう頑張らなくていーんだ、もう「もっと速いクルマを!」とか考えなくていいし、「追い金いくらかかるかな……」と悩まなくてもいい。今乗っている「458イタリア」から「488GTB」に乗り換えるには、たぶん1200万円くらい必要だが、そういうことは忘れていいんだね! 人間、上を見ることも重要ですが、頑張らないことも大事です。『どうせ死ぬなら「がん」がいい』という本にそう書いてありました。

「ホンダS660」は、タルガトップのオープンカー。脱着式のルーフ(重量約8kg)は、写真のように丸めてフロントの専用ケースに収納する。
「ホンダS660」は、タルガトップのオープンカー。脱着式のルーフ(重量約8kg)は、写真のように丸めてフロントの専用ケースに収納する。
インテリアの様子。ダッシュボードやセンターコンソールには、ドライバーを中心に考えられた左右非対称なデザインが採用されている。
インテリアの様子。ダッシュボードやセンターコンソールには、ドライバーを中心に考えられた左右非対称なデザインが採用されている。
メーターパネルは、アナログ式のエンジン回転計と、デジタル式の速度計が組み合わされる。左下に見えるボタンを押すと、ディスプレイの色調が赤に変わる。
メーターパネルは、アナログ式のエンジン回転計と、デジタル式の速度計が組み合わされる。左下に見えるボタンを押すと、ディスプレイの色調が赤に変わる。

ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S660の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る