ホンダS660 α(MR/6MT)

癒やしのスーパーカー 2015.06.01 試乗記 ちまたで話題の「ホンダS660」を、フェラーリマニアとして知られるモータージャーナリスト 清水草一は「これまでなかったスーパーカー」と評価する。その理由は……?

「頑張らない」のが新しい

S660については、『webCG』ですでに何度も取り上げられているので、今回はS660を注文して納車待ちの筆者が、一足早く納車気分を味わったエッセイのような試乗記を書かせていただきます。

今回試乗したのは「α」の6MT、センターディスプレイなしのシティーブレーキ付き。偶然私が注文したのとまったく同じ仕様だった。これまでS660には、ミニサーキットと高知県の一般道で試乗しているが、自宅に乗って帰ったのは初めてで、まさしく一足早い納車気分を味わうことができた。

朝、自家用車感満点で箱根へ向かう。東名を走りながらまず感じたのは、なんともいえない癒やし感だった。
私はS660を、これまで存在しなかった新しいスーパーカーの形だと考えている。加速は軽だけどカッコやメカの作り込みやコーナリング速度はスーパーカー。そこには奇跡的な斬新さがある。

本来、スーパーカーに乗っている時は癒やしなど感じないし、感じてはいけない。それはパーフェクトな非日常であり、死と隣り合わせの快楽に震えるべき瞬間だ。しかしS660から漂うこの猛烈な癒やし感! それは「このままでいいんだよ」という、最近流行のアレだった。
あ~、もう頑張らなくていーんだ、もう「もっと速いクルマを!」とか考えなくていいし、「追い金いくらかかるかな……」と悩まなくてもいい。今乗っている「458イタリア」から「488GTB」に乗り換えるには、たぶん1200万円くらい必要だが、そういうことは忘れていいんだね! 人間、上を見ることも重要ですが、頑張らないことも大事です。『どうせ死ぬなら「がん」がいい』という本にそう書いてありました。

「ホンダS660」は、タルガトップのオープンカー。脱着式のルーフ(重量約8kg)は、写真のように丸めてフロントの専用ケースに収納する。
「ホンダS660」は、タルガトップのオープンカー。脱着式のルーフ(重量約8kg)は、写真のように丸めてフロントの専用ケースに収納する。
インテリアの様子。ダッシュボードやセンターコンソールには、ドライバーを中心に考えられた左右非対称なデザインが採用されている。
インテリアの様子。ダッシュボードやセンターコンソールには、ドライバーを中心に考えられた左右非対称なデザインが採用されている。
メーターパネルは、アナログ式のエンジン回転計と、デジタル式の速度計が組み合わされる。左下に見えるボタンを押すと、ディスプレイの色調が赤に変わる。
メーターパネルは、アナログ式のエンジン回転計と、デジタル式の速度計が組み合わされる。左下に見えるボタンを押すと、ディスプレイの色調が赤に変わる。

ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】の画像
関連記事
  • ホンダS660 β(MR/CVT)【試乗記】 2015.5.11 試乗記 発売されるや自動車ファンからの大喝采を浴びた、ホンダの新型2シータースポーツ「S660」。実際に乗ってみたら、どうだった? CVTのベーシックモデルで、その実力を試した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • ホンダS660 α モデューロパーツ装着車(MR/6MT)【レビュー】 2015.9.19 試乗記 “プレモル”的な味わいがある? ホンダの純正アクセサリーブランド、モデューロのカスタマイズパーツを装着した「S660」に試乗。純正のことを知り尽くしたモデューロならではの、純正の乗り味を大切にした“プレミアムな走りの味”をリポートする。
  • ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】 2015.6.1 試乗記 ちまたで話題の「ホンダS660」を、フェラーリマニアとして知られるモータージャーナリスト 清水草一は「これまでなかったスーパーカー」と評価する。その理由は……?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • 第18回:ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • ホンダアクセス モデューロ体感試乗会【試乗記】 2015.8.18 試乗記 ホンダ車用の純正カスタマイズアイテムを提供するブランド「Modulo(モデューロ)」。そのパーツを組み込むことで、実際の走りや乗り心地はどのように変化するのか? 「S660」をはじめとする5台のテスト車に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る