第6戦モナコGP決勝結果【F1 2015 速報】

2015.05.25 自動車ニュース

【F1 2015 速報】第6戦モナコGP、ロズベルグまさかの逆転勝利

F1世界選手権第6戦モナコGP決勝が、2015年5月24日、モンテカルロ市街地コース(3.337km)を78周して行われた。

モナコ初のポールポジションから優勝まっしぐらだったメルセデスのルイス・ハミルトン。しかし終盤にセーフティーカーが入ると、独走中のハミルトンは予定外のタイヤ交換のためピットに飛び込んだ。トップをキープできると踏んでいたメルセデス陣営だったが、ハミルトンがコースに戻ると前にはシルバーとレッドの2台が……。

まさかの逆転劇で優勝したのは、ハミルトンの宿敵ニコ・ロズベルグ。前戦スペインGPから2連勝、モナコでは3連勝を飾り、チャンピオンシップではポイントリーダーのハミルトンとの差を20点から一気に10点にまで縮めることができた。

2位はフェラーリのセバスチャン・ベッテル。予選、決勝とメルセデスになかなか追いつけず、スタートから3位走行を続けていたが、ハミルトンのピットストップで2位の座が転がり込んできた。

残り数周、フレッシュタイヤをもってしても追い抜きほぼ不可能なモナコでは順位挽回ならず、ハミルトンは3位。怒りを必死に抑えたかのような表情で表彰台に上がった。

ツイスティーなコースでレッドブル・ルノーが健闘。ダニール・クビアトがF1キャリア2年目で自身最高位の4位フィニッシュ、僚友ダニエル・リカルドは5位だった。予選で失敗し6番グリッドからスタートしたキミ・ライコネンはそのままの順位でゴール。フォースインディア・メルセデスのセルジオ・ペレスは今季チームのベストリザルトとなる7位、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは10番グリッドから8位に入り、マクラーレンは今年初めてのポイントを獲得した。
ザウバー・フェラーリのルーキー、フェリッペ・ナッサーが9位、そしてトロロッソ・ルノーの新人カルロス・サインツJr.は10位入賞を果たした。

以下、11位ニコ・ヒュルケンベルグ(フォースインディア)、12位ロメ・グロジャン(ロータス・メルセデス)、13位マーカス・エリクソン(ザウバー)、14位バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ・メルセデス)、15位フェリッペ・マッサ(ウィリアムズ)、16位ロベルト・メリ(マノー・マルシャ・フェラーリ)、17位ウィル・スティーブンス(マノー・マルシャ)が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップのトップ5は、1位ハミルトン126点、2位ロズベルグ116点、3位ベッテル98点、4位ライコネン60点、5位ボッタス42点。コンストラクターズタイトル争いは、メルセデスが242点で首位を堅持、2位フェラーリは158点だ。3位ウィリアムズ81点、4位レッドブル52点、5位ザウバー21点という上位陣である。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。