プジョー・シトロエン、DS 4の燃費性能を改善

2015.05.25 自動車ニュース
「DS 4シック キセノンパッケージ」
「DS 4シック キセノンパッケージ」

プジョー・シトロエン、「DS 4」の燃費性能を改善

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年5月25日、「DS 4」に一部改良を施し、同年6月6日に発売すると発表した。

今回の改良では、最高出力をこれまでの162psから165psに向上させた改良型1.6リッター直噴ターボエンジン(欧州の排出ガス規制「Euro6」に適合)を搭載した。トランスミッションも新世代の6段ATに変更しており、従来のものより高いギア比や、ロックアップ領域を拡大させた新開発のクラッチを採用することで、燃費を改善している。

また2014年に「DS 3」に採用したアイドリングストップ機構をDS 4にも搭載。これらの改良により、燃費性能をJC08モード計測値で11.3km/リッターから14.9km/リッターに向上させた。

ラインナップについては、新グレードとして、キセノンヘッドライトや18インチアロイホイール、スマートキー&エンジンスタートボタン、アルミペダルを装備した「シック キセノンパッケージ」を追加設定。なお、200psのエンジンと6段MTを搭載した「スポーツシック」については日本向けの生産を終了した。

価格は以下の通り。
・DS 4シック:320万円
・DS 4シック キセノンパッケージ:340万円

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る