アウディA8に2種類の特別仕様車

2015.05.26 自動車ニュース
「アウディA8スポーツエディション」
「アウディA8スポーツエディション」

「アウディA8」に2種類の特別仕様車

アウディ ジャパンは2015年5月26日、フラッグシップセダン「アウディA8/A8 L」をベースにした2種類の特別仕様車「A8スポーツエディション」(限定50台)と「A8 Lショーファースペシャルエディション」(限定5台)を発売した。(詳しい写真はこちら)

「A8スポーツエディション」のインテリア。
「A8スポーツエディション」のインテリア。
「アウディA8 Lショーファースペシャルエディション」
「アウディA8 Lショーファースペシャルエディション」
「A8 Lショーファースペシャルエディション」にはクーラーボックスやバーコンパートメントなどが装備される。
「A8 Lショーファースペシャルエディション」にはクーラーボックスやバーコンパートメントなどが装備される。

A8スポーツエディションのベース車両は「A8 3.0 TFSIクワトロ」と「A8 4.0 TFSIクワトロ」。アルカンターラブラックヘッドライニング、サンルーフ、5アームローターデザインのマットチタンルックポリッシュト21インチアルミホイールを標準で装備する。また、3.0 TFSIにも従来はオプションだったマトリクスLEDヘッドライトが標準で備わる。外装色はファントムブラックパールエフェクトのみ。3.0 TFSIが8台、4.0 TFSIが42台の計50台の限定。

一方、A8 Lショーファースペシャルエディションは「A8 L 4.0 TFSIクワトロ」をベースに、デザインセレクションマーブルグレーのインテリアや、750ミリリッターのボトルが2本収納可能なクーラーボックス、グラス2個が備わるバーコンパートメント、アジャスタブルリーディングライト、10Yスポークデザインの20インチアルミホイールなどが備わる。外装色はファントムブラックパールエフェクトのみの設定。こちらは5台の限定。

価格は以下のとおり。ハンドル位置はすべて右となる

・A8スポーツエディション 3.0 TFSI:1199万円
・A8スポーツエディション 4.0 TFSI:1424万円
・A8 Lショーファースペシャルエディション:1628万円

(webCG)

→「アウディA8スポーツエディション/A8 Lショーファースペシャルエディション」の発表会の詳しい写真(カースコープ)はこちら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
ホームへ戻る