アウディA8に2種類の特別仕様車

2015.05.26 自動車ニュース
「アウディA8スポーツエディション」
「アウディA8スポーツエディション」

「アウディA8」に2種類の特別仕様車

アウディ ジャパンは2015年5月26日、フラッグシップセダン「アウディA8/A8 L」をベースにした2種類の特別仕様車「A8スポーツエディション」(限定50台)と「A8 Lショーファースペシャルエディション」(限定5台)を発売した。(詳しい写真はこちら)

「A8スポーツエディション」のインテリア。
「A8スポーツエディション」のインテリア。
「アウディA8 Lショーファースペシャルエディション」
「アウディA8 Lショーファースペシャルエディション」
「A8 Lショーファースペシャルエディション」にはクーラーボックスやバーコンパートメントなどが装備される。
「A8 Lショーファースペシャルエディション」にはクーラーボックスやバーコンパートメントなどが装備される。

A8スポーツエディションのベース車両は「A8 3.0 TFSIクワトロ」と「A8 4.0 TFSIクワトロ」。アルカンターラブラックヘッドライニング、サンルーフ、5アームローターデザインのマットチタンルックポリッシュト21インチアルミホイールを標準で装備する。また、3.0 TFSIにも従来はオプションだったマトリクスLEDヘッドライトが標準で備わる。外装色はファントムブラックパールエフェクトのみ。3.0 TFSIが8台、4.0 TFSIが42台の計50台の限定。

一方、A8 Lショーファースペシャルエディションは「A8 L 4.0 TFSIクワトロ」をベースに、デザインセレクションマーブルグレーのインテリアや、750ミリリッターのボトルが2本収納可能なクーラーボックス、グラス2個が備わるバーコンパートメント、アジャスタブルリーディングライト、10Yスポークデザインの20インチアルミホイールなどが備わる。外装色はファントムブラックパールエフェクトのみの設定。こちらは5台の限定。

価格は以下のとおり。ハンドル位置はすべて右となる

・A8スポーツエディション 3.0 TFSI:1199万円
・A8スポーツエディション 4.0 TFSI:1424万円
・A8 Lショーファースペシャルエディション:1628万円

(webCG)

→「アウディA8スポーツエディション/A8 Lショーファースペシャルエディション」の発表会の詳しい写真(カースコープ)はこちら。

関連キーワード:
A8アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA8L 55 TFSIクワトロ/A8L 60 TFSIクワトロ【海外試乗記】 2017.11.7 試乗記 第4世代に進化したアウディのフラッグシップセダン「A8」。その内容は、量産車としては初となるレベル3の自動運転システムを導入するなど、まさにブランドスローガンの“技術による先進”を体現するものとなっている。スペイン・バレンシアで試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アウディ、2018年は高級モデルの新型に注力 2018.1.11 自動車ニュース アウディ ジャパンは2018年1月11日、東京都内で記者発表会を開催し、2017年の実績を発表するとともに、ハイエンドモデルの導入をはじめとする2018年の事業計画を報告した。
ホームへ戻る