第400回:ベルトーネの通勤電車

2015.05.29 エッセイ

欧州最速の特急とボロい在来線

ボクは東京に行ったとき、牛丼屋でコの字型のカウンターの向こう側にいるお客さんを眺めているのが好きである。牛丼をかっこんでいるおじさんの職業や学生時代のクラブ、家族構成、奥さんや娘の顔までを、しばし想像して楽しむのだ。
イタリアの鉄道に乗ったときもしかりだ。いまだに対座式のシートが多いので、向かいに座っている人を見て、いろいろ空想している。だからボクは鉄道ファンではないが、クルマでしか行けないところを除き、電車や列車を使う。

イタリアでは2015年6月14日、最高速度400km/h(営業速度は360km/h)を誇る、欧州最速の新型特急「フレッチャロッサ1000」が営業運転を開始する。ちなみに0-300km/h加速は4分だそうだ。ミラノ―ローマ間を2時間20分で結ぶ。

いっぽう、そうした世界に誇る高速列車が存在しながら、在来線のクオリティーはというと、決して高いものではなかった。わが家のあるシエナとフィレンツェを結ぶ気動車も、かなり古い。夏場は2両編成のうち1両のエアコンが故障したりするものだから、その車両はガラガラで、冷房の効いたもう1両は満員だったりする。

ようやく数年前から「ミヌエット」という愛称の新型車両が導入された。アルストム製で、ディーゼルエンジンはイヴェコ製だ。先頭には、イタリアのローカル線では最近になってようやく普及してきた密着連結器も備えている。
ミヌエットはモダンな空調も付いていて、従来車より格段に快適だが、一日の時刻表のうち、どの便に割り当てられているかわからない。だからおんぼろ車両か、ミヌエットが当たるかを考えながらホームで待つのは、まさにババ抜きの心境なのである。

イタリアの鉄道会社トレニタリアが2015年6月に営業運転を開始する新型特急「フレッチャロッサ1000」。
イタリアの鉄道会社トレニタリアが2015年6月に営業運転を開始する新型特急「フレッチャロッサ1000」。
シエナ―フィレンツェ間を結ぶ気動車。
シエナ―フィレンツェ間を結ぶ気動車。
近年各地に導入されてきた郊外型車両「ミヌエット」。電車仕様のほか、気動車仕様もある。密着連結器が採用されている。
近年各地に導入されてきた郊外型車両「ミヌエット」。電車仕様のほか、気動車仕様もある。密着連結器が採用されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。