メルセデスAMG C63に日本導入記念の限定モデル

2015.05.27 自動車ニュース
「メルセデスAMG C63 S Edition 1」
「メルセデスAMG C63 S Edition 1」

「メルセデスAMG C63」に日本導入を記念した限定モデル登場

メルセデス・ベンツ日本は2015年5月27日、「メルセデス・ベンツCクラス」の高性能モデル「C63」に特別仕様車「C63 S Edition 1」を設定し、セダン350台、ステーションワゴン50台の台数限定で受注を開始した。このうち、セダンについては同日販売を開始。ステーションワゴンは同年6月の発売を予定している。

今回のC63 S Edition 1は、「メルセデスAMG C63」の日本導入開始を記念した限定モデルであり、マットブラックペイントの19インチアルミホイールやハイグロスブラック仕上げの外装パーツ、各所に赤いアクセントを施したインテリアなどで、ベース車との差別化を図っている。

特別装備の具体的な内容は以下の通り。

<エクステリア>
・マットブラックペイント19インチAMGクロススポークアルミホイール(鍛造)
・ハイグロスブラックパーツ(フロントバンパー、リアバンパー、ドアミラー、ウィンドウアーチモール、サイドスカート、AMGトランクリッドスポイラーリップ<セダンのみ>)
・ブラックルーフレール(ステーションワゴンのみ)
・サイドデカール
・レッドアクセント(フロントグリル、ドアミラー、アルミホイール)

<インテリア>
・AMGレッドカーボン/アルミニウムインテリアトリム
・AMGパフォーマンスシート(前席、レッドダイヤモンドステッチ入り)
・AMGパフォーマンスステアリング(レザー/DAINAMICAのコンビタイプ、「Edition 1」ロゴ・レッドセンターマーキング・レッドステッチ入り)
・ナッパレザードアセンターパネル(レッドダイヤモンドステッチ入り)
・レッドシートベルト
・レッドパイピング付きAMGフロアマット
・エクスクルーシブパッケージ(ヘッドアップディスプレイ、ハンズフリーアクセス<トランクリッド自動開閉機能>、エアバランスパッケージ<空気清浄機能、パヒュームアトマイザー付き>、Burmesterサラウンドサウンドシステム、盗難防止警報システム<けん引防止機能、室内センサー>)
※エクスクルーシブパッケージの特別装備はセダンのみ。ステーションワゴンではベース車に標準装備となる。

ボディーカラーは「オブシディアンブラック」「イリジウムシルバー」「ダイヤモンドホワイト」「イリジウムシルバーマグノ」の全4色で、このうちイリジウムシルバーとイリジウムシルバーマグノのはセダンでのみ選択が可能。インテリアカラーはブラックのみとなっている。

ステアリング位置は、セダンは左右から選択が可能だが、ステーションワゴンは右のみの設定。価格はセダンが1420万円、ステーションワゴンが1465万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
ホームへ戻る