マツダ、軽乗用車フレアワゴンを一部改良

2015.05.28 自動車ニュース
「マツダ・フレアワゴンXS」
「マツダ・フレアワゴンXS」

マツダ、軽乗用車「フレアワゴン」を一部改良

マツダは2015年5月28日、軽乗用車「フレアワゴン」に一部改良を実施し、同日販売を開始した。

「マツダ・フレアワゴン カスタムスタイルXS」
「マツダ・フレアワゴン カスタムスタイルXS」

フレアワゴンは、マツダがスズキからOEM供給を受けて販売しているトールワゴンタイプの軽乗用車であり、「スズキ・スペーシア」の姉妹モデルにあたる。

改良の内容は、2015年5月19日にスペーシアに施されたものに準じており、新たにモーターアシスト機能の「S-エネチャージ」を採用したほか、エンジンに関しても圧縮比を従来の11.0から11.5に高めるなどの改良を実施。燃費をJC08モード計測値で最高32.0km/リッターに改善した。

また、上級グレードに「ナノイー」搭載フルオートエアコンを採用するなど、装備も充実させた。予防安全装備の機能強化も図っており、クルマだけでなく歩行者も認識できるステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート(DCBS)」を全車に搭載した。

デザインについても一部に手を加えており、フロントバンパーやフロントグリルなどの意匠を変更している。

価格は以下の通り。
・XG:136万800円(FF)/148万1760円(4WD)
・XS:146万8800円(FF)/158万9760円(4WD)
・カスタムスタイルXG:161万4600円(FF)/173万5560円(4WD)
・カスタムスタイルXS:172万8000円(FF)/184万8960円(4WD)

なお、「カスタムスタイルXG」「カスタムスタイルXS」のターボモデルは、2015年8月頃の発売を予定している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フレアワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • マツダ・フレアワゴンにターボの新グレード 2015.8.27 自動車ニュース マツダが「フレアワゴン」に一部改良を実施。モーターアシスト機能付きターボエンジンを搭載した新グレード「カスタムスタイル XGターボ」「カスタムスタイル XSターボ」を追加した。FF車で26.8km/リッターという燃費性能と、力強い走りを両立しているという。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
ホームへ戻る