スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)

飾らない実力者 2015.06.02 試乗記 「SX4」の後継車種として生まれた、スズキのクロスオーバーモデル「SX4 Sクロス」。欧州を中心とした世界の市場に投入されるSUVは、実直なまでに作りこまれた走行性能と実用性を備えていた。

納得のユーティリティー性

正論をズバッと言い切られると抵抗できない。どこまでも基本に忠実なスズキSX4 Sクロスは、そんなクルマだ。コンパクト級のSUVやクロスオーバーが大はやりの今、本当に必要なことを真っすぐに叫ぶ正直者といえる。

ホイールベース2600mm、全長4300mm、全幅1765mmと以前のSX4より少し大型化し、5ナンバー枠を飛び出したSクロスだが、逆に全高は1575mmとやや低められ、そのぶん乗用車的な雰囲気が増した。室内スペースも、後席で見ると、身長173cmのドライバーが楽な運転姿勢を取った後ろで膝の前にげんこつ2個の余裕が残り、大人4~5人がくつろいで座れる(背もたれはわずかにリクライン可能)。

そのうえでハッチバックの中の荷室は床面の奥行きが最低でも73cmあるほか、左6:右4の割合で分割して畳める背もたれを倒すと(シングルフォールド)、前席のコンソールまで、実測で合計1.6mの長い空間が現れる。テールゲート開口部の最高点までは床から73cmだが、床のパネルを9cm低く移すのも可能で、そのぶん荷室高も稼げるなど、多用途車としての配慮は行き届いている。

「エクステリアの“クロスオーバーデザイン”を反映させた」というインテリア。シルバーの装飾を施し助手席正面のパネルにソフトパッドを採用するなど、上質感も追及している。
「エクステリアの“クロスオーバーデザイン”を反映させた」というインテリア。シルバーの装飾を施し助手席正面のパネルにソフトパッドを採用するなど、上質感も追及している。
後席の様子。背もたれには1段階のリクライニング機構が備わる。
後席の様子。背もたれには1段階のリクライニング機構が備わる。
荷室の容量は、標準状態で先代モデル「SX4」よりも167リッター大きい420リッターを確保。フロア高の調整や後席の前倒しにより、容量をさらに拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は、標準状態で先代モデル「SX4」よりも167リッター大きい420リッターを確保。フロア高の調整や後席の前倒しにより、容量をさらに拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
「SX4 Sクロス」は、1.6リッター直4エンジンを搭載するスズキのクロスオーバーモデル。2015年2月に発売された。
「SX4 Sクロス」は、1.6リッター直4エンジンを搭載するスズキのクロスオーバーモデル。2015年2月に発売された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SX4 Sクロスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.2 試乗記 「SX4」の後継車種として生まれた、スズキのクロスオーバーモデル「SX4 Sクロス」。欧州を中心とした世界の市場に投入されるSUVは、実直なまでに作りこまれた走行性能と実用性を備えていた。
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.5.18 試乗記 スズキのコンパクトクロスオーバー「SX4」がフルモデルチェンジ。名前も新たに「SX4 Sクロス」となった新型の試乗を通し、今日におけるスズキの“登録車”の実力を探った。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る