第100回:非現実のデトロイトに潜む暴力と鎮魂の物語
『ロスト・リバー』

2015.05.29 エッセイ

人が消え荒れ果てた自動車都市

映画の冒頭、ロマンチックな音楽が流れる中、美しい母と2人の息子の幸せそうな生活が描かれる。上の息子は10代後半の青年だが、弟はまだ小さい。兄は絵本を読み聞かせてやったりしている。少し古びた家でも、楽しいわが家なのだ。しかし、時折はさみ込まれる映像が不穏な空気を漂わせる。朽ちかけた家や草が生い茂る庭、誰もいない公園。彼らの家のまわりは、ほとんどが廃虚なのだ。

驚くのは、この作品がデトロイトで撮影されているということだ。映し出される荒涼とした街は、現在のリアルな姿である。世界の自動車産業の中心地だった都市は、見る影もなく衰退してしまった。80年代以降、工場がメキシコなどに移転していくと、デトロイトには失業者の群れが残される。公共施設は次々に閉鎖され、街は荒れ果てていく。人口が減り、治安が悪化してさらに人が逃げ出すという悪循環だ。2013年には、ついにデトロイト市が財政破綻してしまった。

映画は架空の都市を舞台にしているが、どうしても自動車都市の無残な姿と重なって見えてしまう。3人家族の隣人も、トラックに荷物を積んで街を出ていった。彼らがとどまっていられる期限は、刻々と近づいている。人が消えた街に仕事があるはずもなく、それでも家のローンは払わなければならない。

兄のボーンズ(イアン・デ・カーステッカー)は、廃虚に忍び込んで廃材を持ち出し、業者に売って小銭を稼いでいる。母親のビリー(クリスティナ・ヘンドリックス)は銀行に支払い延期を頼みにいくが、支店長のデイヴ(ベン・メンデルゾーン)は怪しげな場所で働くよう勧めてくる。

(C)2013 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC.
(C)2013 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC.

第100回:非現実のデトロイトに潜む暴力と鎮魂の物語『ロスト・リバー』の画像

第100回:非現実のデトロイトに潜む暴力と鎮魂の物語『ロスト・リバー』の画像

第100回:非現実のデトロイトに潜む暴力と鎮魂の物語『ロスト・リバー』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。