オレンジ色の特別なチェロキー&ラングラー登場

2015.05.30 自動車ニュース
「ジープ・チェロキーMango Tango(マンゴータンゴ)」
「ジープ・チェロキーMango Tango(マンゴータンゴ)」
    拡大

オレンジ色の特別な「ジープ・チェロキー」と「ジープ・ラングラー」登場

FCAジャパンは2015年5月30日、「ジープ・チェロキー」の特別仕様車「Mango Tango(マンゴータンゴ)」と「ジープ・ラングラー アンリミテッド」の特別仕様車「Sunset Orange(サンセットオレンジ)」を発売した。


オレンジ色の特別なチェロキー&ラングラー登場の画像 拡大
「ジープ・ラングラー アンリミテッドSunset Orange(サンセットオレンジ)」
「ジープ・ラングラー アンリミテッドSunset Orange(サンセットオレンジ)」
    拡大

オレンジ色の特別なチェロキー&ラングラー登場の画像 拡大

チェロキー マンゴータンゴは、チェロキーのラインナップの中でもオフロード性能を重視した4WDモデル「トレイルホーク」をベースとした特別仕様車で、コマンドビュー デュアルペインパノラミックサンルーフや、アイドリングストップ機構などを特別装備。特にアイドリングストップ機構は、チェロキーではこれが初の採用となっており、燃費性能が約14%向上している。ボディーカラーは明るさを抑えたオレンジの「マンゴータンゴ」で、ブラックの17インチホイールやマットブラックのボンネットデカールが組み合わされる。

一方のラングラー アンリミテッド サンセットオレンジでは、ラングラーの4ドアモデルであるアンリミテッドをベースに、サンセット(夕焼け)をイメージしたオレンジのボディーカラーを採用。ボディーと同色のハードタイプスペアタイヤカバーやパイオニア製メモリーナビゲーションシステムを特別装備している。

価格は、チェロキー マンゴータンゴが507万6000円、ラングラー アンリミテッド サンセットオレンジが399万6000円。販売台数は前者が50台、後者が100台の限定となる。

(webCG)
 

関連キーワード:
ラングラーチェロキージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.10 試乗記 ジープの都会派SUV「コンパス」がフルモデルチェンジして2代目に。オンロード走行もソツなくこなす“アーバン系ジープ”の最新モデルの出来栄えやいかに? 他ブランドのSUVにはない、ジープならではの魅力を探った。
  • ジュネーブモーターショー2018(その26) 2018.3.11 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。FCA傘下のジープブランドは新型「ラングラー」と「チェロキー」のマイナーチェンジモデルを欧州初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド【試乗記(前編)】 2007.3.16 試乗記 ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド

    「ジープ・ラングラー」が10年ぶりにフルモデルチェンを受け、2007年3月16日発売された。新たに4ドアモデルが追加された新型に試乗。まずはその変更内容から。
ホームへ戻る