BMWアルピナの新型4ドアクーペ、日本上陸

2015.05.29 自動車ニュース
「BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット」
「BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット」

600psの「BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット」日本上陸

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2015年5月29日、高性能な4ドアクーペ「BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ Allrad(アルラット)」を国内で初めて披露した。

2つのターボで過給される4.4リッターV8エンジン。「BMW M6グランクーペ」を40ps上回る600psと、同じく12.3kg増しの81.6kgmを発生する。
2つのターボで過給される4.4リッターV8エンジン。「BMW M6グランクーペ」を40ps上回る600psと、同じく12.3kg増しの81.6kgmを発生する。
インテリア。あめ色のウッドトリムやブルーのメーターが目を引く。
インテリア。あめ色のウッドトリムやブルーのメーターが目を引く。
 
BMWアルピナの新型4ドアクーペ、日本上陸の画像
 
BMWアルピナの新型4ドアクーペ、日本上陸の画像

BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラットは、優れた動力性能を誇る、クーペライクな4ドアモデル。2015年3月のジュネーブモーターショーでデビューした。

アルピナが独自のチューニングを施した4.4リッターV8ツインターボエンジンは、最高出力600ps/6000rpm、最大トルク81.6kgm/3500-4500rpmを発生。8段ATを介して4輪を駆動する。
0-100km/hの加速タイムは3.8秒、最高速度は324km/hで、「世界最強のスーパースポーツ4WDクーペ」とうたわれる。

外観上は、アルピナならではのカーボン製フロントスポイラーや、「ALPINA CLASSIC」と名付けられた20インチアルミホイールなどが特徴。内装も、グリーンステッチ入りの本革巻きステアリングホイールや高級ウッドトリム、ナッパレザーインテリアでドレスアップされている。

価格は、2197万円。受注はすでに始まっており、2015年6月1日の正式発表を経て、同年秋にはデリバリーが始まる見込み。

(webCG)

→「BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット」のフォトギャラリーはこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

B6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2015.11.11 試乗記 「BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット」に試乗。アルピナはこの600psと800Nmを誇るフラッグシップ4ドアクーペにいったいどんなメッセージを込めたのだろうか。高速道路で、そしてワインディングロードで読み解いた。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る