BMWアルピナの新型4ドアクーペ、日本上陸

2015.05.29 自動車ニュース
「BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット」
「BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット」

600psの「BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット」日本上陸

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2015年5月29日、高性能な4ドアクーペ「BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ Allrad(アルラット)」を国内で初めて披露した。

2つのターボで過給される4.4リッターV8エンジン。「BMW M6グランクーペ」を40ps上回る600psと、同じく12.3kg増しの81.6kgmを発生する。
2つのターボで過給される4.4リッターV8エンジン。「BMW M6グランクーペ」を40ps上回る600psと、同じく12.3kg増しの81.6kgmを発生する。
インテリア。あめ色のウッドトリムやブルーのメーターが目を引く。
インテリア。あめ色のウッドトリムやブルーのメーターが目を引く。
 
BMWアルピナの新型4ドアクーペ、日本上陸の画像
 
BMWアルピナの新型4ドアクーペ、日本上陸の画像

BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラットは、優れた動力性能を誇る、クーペライクな4ドアモデル。2015年3月のジュネーブモーターショーでデビューした。

アルピナが独自のチューニングを施した4.4リッターV8ツインターボエンジンは、最高出力600ps/6000rpm、最大トルク81.6kgm/3500-4500rpmを発生。8段ATを介して4輪を駆動する。
0-100km/hの加速タイムは3.8秒、最高速度は324km/hで、「世界最強のスーパースポーツ4WDクーペ」とうたわれる。

外観上は、アルピナならではのカーボン製フロントスポイラーや、「ALPINA CLASSIC」と名付けられた20インチアルミホイールなどが特徴。内装も、グリーンステッチ入りの本革巻きステアリングホイールや高級ウッドトリム、ナッパレザーインテリアでドレスアップされている。

価格は、2197万円。受注はすでに始まっており、2015年6月1日の正式発表を経て、同年秋にはデリバリーが始まる見込み。

(webCG)

→「BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット」のフォトギャラリーはこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

B6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る