クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)

ちょうどいいアウディ 2015.06.04 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。

次世代型のデザインを採用

アウディではいわゆるマイナーチェンジをPI(プロダクト・インプルーブメント)と呼んでいる。そのPIが実施され、日本に上陸したばかりの「アウディQ3」を試すために横浜へ向かう。
用意される試乗車はすべて同じグレード、違うのはボディーカラーだけと知り、白、シルバー、ブルーのなかから、ブルーを確保するよう編集部のSさんに伝える。というのも、新しいQ3はフロントマスクに特徴があって、その点は、3色の中ではブルーが圧倒的にわかりやすいからだ。

というわけで、Q3のフロントマスクに注目してほしいのだが、アウディのシンボルである“シングルフレームグリル”の上の角がヘッドライトと帯状につながっているのがわかるだろう。このスタイルはこのQ3から始まったもので、今後、アウディのSUV「Qシリーズ」には同じタイプのシングルフレームグリルが採用されることになる。シルバーの帯だけに、白やシルバーのボディーカラーよりも、この「ハイナンブルー」のほうが目立つのである。

今回のマイナーチェンジでは、このシングルフレームグリル以外にも、例えば前後バンパーの形状やヘッドライト、テールライトのデザインなど、実はいろいろなところが変わっているのだが、Q3オーナーか、よほど詳しい人でなければその違いに気づくことはないだろう。ただ、ウインカーやハザードランプを点滅させたときは別だ。リアLEDテールライトが流れるように点滅する「ダイナミックターンインディケーター」がこのQ3にも採用されているのだ。昭和40年代に流行した「電子フラッシャー」付きサイクリング車に憧れた身には、一番“刺さる”部分だ。

国内では2015年5月21日に発売された、最新型の「アウディQ3」。マイナーチェンジを機に、新デザインのシングルフレームグリルが採用された。
国内では2015年5月21日に発売された、最新型の「アウディQ3」。マイナーチェンジを機に、新デザインのシングルフレームグリルが採用された。
    拡大
「Q3 2.0 TFSIクワトロ 180PS」には、サイドサポートを強化したスポーツシートが与えられる。S line仕様のテスト車はさらに、表皮がスプリントクロスとレザーのコンビに変更されている。
「Q3 2.0 TFSIクワトロ 180PS」には、サイドサポートを強化したスポーツシートが与えられる。S line仕様のテスト車はさらに、表皮がスプリントクロスとレザーのコンビに変更されている。
    拡大
リアビュー。ボディーカラーは、写真の「ハイナンブルー メタリック」を含む全7色が用意される。
リアビュー。ボディーカラーは、写真の「ハイナンブルー メタリック」を含む全7色が用意される。
    拡大
LED式のリアコンビランプには、ウインカーの光が車体内側から外側に向かって流れる「ダイナミックターンインディケーター」が内蔵されている。(写真をクリックすると、点滅の様子が見られます)
LED式のリアコンビランプには、ウインカーの光が車体内側から外側に向かって流れる「ダイナミックターンインディケーター」が内蔵されている。(写真をクリックすると、点滅の様子が見られます)
    拡大
注目の記事PR
  • ドライブの汚れも一網打尽。“美人すぎるタクシードライバー”がダイソンの吸引力をリポート。
    ドライブの汚れも一網打尽。“美人すぎるタクシードライバー”がダイソンの吸引力をリポート。 ダイソン
注目の記事一覧へ

コツコツとリファイン

アウディのプレミアムコンパクトSUVとして、Q3が日本に導入されたのは2012年のこと。導入当初は、2リッター直噴ターボエンジンとフルタイム4WDのクワトロを搭載する出力違い(170psと211ps)の2タイプからスタートしたQ3だったが、2014年半ばに150psの1.4リッター直噴ターボエンジンのFFモデルを追加し、より幅広いユーザーの獲得に成功。マイナーチェンジ後も引き続きFFとクワトロを用意するとともに、1.4リッターのFFに、より低価格のグレードを設定することで、ユーザーの裾野を広げたいというのがアウディ ジャパンの思惑である。

そんななかで試乗したのは、販売の中心となる「Q3 2.0 TFSIクワトロ 180PS」。マイナーチェンジにともない2リッター直噴ターボは180psと220psにそれぞれパワーアップしているが、そのうちのパワー控えめ仕様がこの試乗車である。7段デュアルクラッチトランスミッションのSトロニックが組み合わされ、ハルデックスカップリングにより四輪駆動を実現するのは従来と同じである。

ドアを開けて室内をのぞきこむと、見慣れた風景が広がっている。基本的にはマイナーチェンジ前と同じデザインだが、よく見るとエアベントの下にピアノブラックの装飾が加えられていたり、エアコンの操作パネルが新しいデザインに変わっていたりすることに気づく。試乗車には人気の「S lineパッケージ」が装着されていて、スポーツシートや18インチにインチアップされたアルミホイール、専用のスポーツサスペンションなどにより、よりスポーティーな雰囲気に仕立て上げられていた。


アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】の画像 拡大
2リッター直4ターボエンジンは、今回試乗した180ps仕様(写真)のほか、220ps仕様も用意される。それぞれ、マイナーチェンジ前に比べて10psと9psの出力アップが図られている。
2リッター直4ターボエンジンは、今回試乗した180ps仕様(写真)のほか、220ps仕様も用意される。それぞれ、マイナーチェンジ前に比べて10psと9psの出力アップが図られている。
    拡大
日本仕様の「アウディQ3」は、右ハンドルのみとなる。シフトパドル付きのステアリングホイールや、アルミのデコラティブパネルは、オプション「S lineパッケージ」装着車ならではのもの。
日本仕様の「アウディQ3」は、右ハンドルのみとなる。シフトパドル付きのステアリングホイールや、アルミのデコラティブパネルは、オプション「S lineパッケージ」装着車ならではのもの。
    拡大
「S lineパッケージ」を選択したテスト車には、標準車よりも1インチ大きな18インチのアルミホイールが装着されていた。
「S lineパッケージ」を選択したテスト車には、標準車よりも1インチ大きな18インチのアルミホイールが装着されていた。
    拡大

SUVであることを忘れてしまう

SUVといっても全高が1595mm(S line仕様の試乗車では1575mm)と低めのQ3は、セダンやハッチバックよりもヒップポイントが高いとはいえ乗降性は良好。それでいて、少し高めのアイポイントのおかげで運転席からの眺めが良く、開放的な雰囲気に恵まれている。

早速スポーツシートに収まりアクセルペダルを踏むと、思いのほか軽々と走りだす。低回転から豊かなトルクを生み出す2.0 TFSIエンジンは、7段Sトロニックとクワトロが組み合わされたことにより、Q3の1620kgのボディーを軽快かつスムーズに加速させてくれるのだ。
それは街中でも、ハイスピードの高速道路でも変わらぬ印象。高回転まで太いトルクが続くおかげで、急加速が必要な場面でも力強い加速を見せてくれるほどで、この180ps仕様でもパワー不足を感じることはなかった。

一方、その走りは良い意味でSUVらしくない、乗用車的な味付けになっている。試乗車はS lineということで、さらに余計な動きが抑えられていて、高速でもフラットな乗り味が楽しめるのだ。しばらく運転しているとSUVであることを忘れてしまうほどである。クワトロのおかげで直進性が優れるのもこのクルマの魅力のひとつ。235/50R18にインチアップされたタイヤとやや硬めのサスペンションが、時折路面からのショックをキャビンに伝えるが、それでも十分合格点が与えられる快適な乗り心地である。

「Q3 2.0 TFSIクワトロ 180PS」のJC08モード燃費は、15.0km/リッター。マイナーチェンジ前に比べて約18%の向上とアピールされる。
「Q3 2.0 TFSIクワトロ 180PS」のJC08モード燃費は、15.0km/リッター。マイナーチェンジ前に比べて約18%の向上とアピールされる。
    拡大
メーターは、アナログ表示の2眼式。その間に、マルチインフォメーションディスプレイがレイアウトされる。
メーターは、アナログ表示の2眼式。その間に、マルチインフォメーションディスプレイがレイアウトされる。
    拡大
2リッターモデルのトランスミッションは、デュアルクラッチ式の7段AT「Sトロニック」が採用される。
2リッターモデルのトランスミッションは、デュアルクラッチ式の7段AT「Sトロニック」が採用される。
    拡大
リアシート。中央席の背もたれ部分には、長尺物を収納するためのトランクスルー機構が備わっている。
リアシート。中央席の背もたれ部分には、長尺物を収納するためのトランクスルー機構が備わっている。
    拡大

都会の道でも強みを見せる

このように、動力性能や走りっぷりに不満のないQ3だが、このクルマの見どころはほかにもある。コンパクトなボディーサイズと少し高いシートポジションのおかげで、実に運転がしやすいのだ。

Q3の全幅は1830mmで、コンパクトと呼ぶにはやや大きいが、車幅が把握しやすいからだろう、運転してみると実際のサイズよりも小さく感じるのだ。アイポイントが高いおかげで見通しも良く、早めの状況判断ができるのもストレスの軽減につながっている。

セダンよりも最低地上高が高いことから、段差を越えるときに気を遣うこともなければ、駐車場の輪留めでガリッといく心配もない。また、これは都内で使っていて感じたことだが、駐車場の出入り口でチケットを受け取ったり、料金を払ったりするときなど、自動精算機にちょうど手が届く高さのQ3は、その場でもたつくことがないし、クルマを自動精算機に寄せやすいのも助かる。

これで全高が1550mmを切ってくれたら駐車場の選択肢が増えてうれしいのだが、その1点を除けば、都会でも使いやすいSUVのQ3。後席や荷室も十分な広さが確保され、シングルからファミリーまで、幅広いユーザーのライフスタイルにマッチするクルマなのだ。なるほど、運転のしやすさや扱いやすさが自慢のQ3が、「My First Audi」として選ばれる機会が多いのもうなずける。

(文=生方 聡/写真=郡大二郎)

フルLEDのヘッドランプ(写真)は、オプションとして用意される。


    フルLEDのヘッドランプ(写真)は、オプションとして用意される。
    拡大
選べる走行モードは、エフィシェンシー(効率)/コンフォート/オート(自動)/ダイナミックの4種類。写真はその選択画面。
選べる走行モードは、エフィシェンシー(効率)/コンフォート/オート(自動)/ダイナミックの4種類。写真はその選択画面。
    拡大
荷室の容量は、標準状態で460リッターが確保される。フロア高を調節したり、後席を前方に倒したりすることで、さまざまな荷物に対応できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は、標準状態で460リッターが確保される。フロア高を調節したり、後席を前方に倒したりすることで、さまざまな荷物に対応できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
    拡大

アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4400×1830×1575mm
ホイールベース:2605mm
車重:1620kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最大出力:180ps(132kW)/4000-6200rpm
最大トルク:32.6kgm(320Nm)/1400-3900rpm
タイヤ:(前)235/50R18 97V/(後)235/50R18 97V(ピレリ・スコーピオン ヴェルデ)
燃費:15.0km/リッター(JC08モード)
価格:469万円/テスト車=593万円
オプション装備:オプションカラー<ハイナンブルー メタリック>(7万円)/S lineパッケージ(45万円)/MMIナビゲーション(24万円)/LEDパッケージ(16万円)/アシスタンスパッケージ(12万円)/オートマチックテールゲート(8万円)/BOSEサラウンドサウンドシステム(12万円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:465km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS
アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS
    拡大
後部中央席の背もたれは、左右席のアームレストを兼ねている。小物入れや格納式のドリンクホルダーが備わる。
後部中央席の背もたれは、左右席のアームレストを兼ねている。小物入れや格納式のドリンクホルダーが備わる。
    拡大
テスト車は、オプション「BOSEサラウンドサウンドシステム」をチョイス。荷室の床下にはウーファーがレイアウトされる。
テスト車は、オプション「BOSEサラウンドサウンドシステム」をチョイス。荷室の床下にはウーファーがレイアウトされる。
    拡大
電動開閉式のテールゲートは、全車オプション扱い。(写真はその開閉スイッチ)
電動開閉式のテールゲートは、全車オプション扱い。(写真はその開閉スイッチ)
    拡大

関連キーワード:
Q3アウディ試乗記

あなたにおすすめの記事