アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)

ちょうどいいアウディ 2015.06.04 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。

次世代型のデザインを採用

アウディではいわゆるマイナーチェンジをPI(プロダクト・インプルーブメント)と呼んでいる。そのPIが実施され、日本に上陸したばかりの「アウディQ3」を試すために横浜へ向かう。
用意される試乗車はすべて同じグレード、違うのはボディーカラーだけと知り、白、シルバー、ブルーのなかから、ブルーを確保するよう編集部のSさんに伝える。というのも、新しいQ3はフロントマスクに特徴があって、その点は、3色の中ではブルーが圧倒的にわかりやすいからだ。

というわけで、Q3のフロントマスクに注目してほしいのだが、アウディのシンボルである“シングルフレームグリル”の上の角がヘッドライトと帯状につながっているのがわかるだろう。このスタイルはこのQ3から始まったもので、今後、アウディのSUV「Qシリーズ」には同じタイプのシングルフレームグリルが採用されることになる。シルバーの帯だけに、白やシルバーのボディーカラーよりも、この「ハイナンブルー」のほうが目立つのである。

今回のマイナーチェンジでは、このシングルフレームグリル以外にも、例えば前後バンパーの形状やヘッドライト、テールライトのデザインなど、実はいろいろなところが変わっているのだが、Q3オーナーか、よほど詳しい人でなければその違いに気づくことはないだろう。ただ、ウインカーやハザードランプを点滅させたときは別だ。リアLEDテールライトが流れるように点滅する「ダイナミックターンインディケーター」がこのQ3にも採用されているのだ。昭和40年代に流行した「電子フラッシャー」付きサイクリング車に憧れた身には、一番“刺さる”部分だ。

国内では2015年5月21日に発売された、最新型の「アウディQ3」。マイナーチェンジを機に、新デザインのシングルフレームグリルが採用された。
国内では2015年5月21日に発売された、最新型の「アウディQ3」。マイナーチェンジを機に、新デザインのシングルフレームグリルが採用された。
「Q3 2.0 TFSIクワトロ 180PS」には、サイドサポートを強化したスポーツシートが与えられる。S line仕様のテスト車はさらに、表皮がスプリントクロスとレザーのコンビに変更されている。
「Q3 2.0 TFSIクワトロ 180PS」には、サイドサポートを強化したスポーツシートが与えられる。S line仕様のテスト車はさらに、表皮がスプリントクロスとレザーのコンビに変更されている。
リアビュー。ボディーカラーは、写真の「ハイナンブルー メタリック」を含む全7色が用意される。
リアビュー。ボディーカラーは、写真の「ハイナンブルー メタリック」を含む全7色が用意される。
LED式のリアコンビランプには、ウインカーの光が車体内側から外側に向かって流れる「ダイナミックターンインディケーター」が内蔵されている。(写真をクリックすると、点滅の様子が見られます)
LED式のリアコンビランプには、ウインカーの光が車体内側から外側に向かって流れる「ダイナミックターンインディケーター」が内蔵されている。(写真をクリックすると、点滅の様子が見られます)
関連記事
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.5 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る