アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)

ちょうどいいアウディ 2015.06.04 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。

次世代型のデザインを採用

アウディではいわゆるマイナーチェンジをPI(プロダクト・インプルーブメント)と呼んでいる。そのPIが実施され、日本に上陸したばかりの「アウディQ3」を試すために横浜へ向かう。
用意される試乗車はすべて同じグレード、違うのはボディーカラーだけと知り、白、シルバー、ブルーのなかから、ブルーを確保するよう編集部のSさんに伝える。というのも、新しいQ3はフロントマスクに特徴があって、その点は、3色の中ではブルーが圧倒的にわかりやすいからだ。

というわけで、Q3のフロントマスクに注目してほしいのだが、アウディのシンボルである“シングルフレームグリル”の上の角がヘッドライトと帯状につながっているのがわかるだろう。このスタイルはこのQ3から始まったもので、今後、アウディのSUV「Qシリーズ」には同じタイプのシングルフレームグリルが採用されることになる。シルバーの帯だけに、白やシルバーのボディーカラーよりも、この「ハイナンブルー」のほうが目立つのである。

今回のマイナーチェンジでは、このシングルフレームグリル以外にも、例えば前後バンパーの形状やヘッドライト、テールライトのデザインなど、実はいろいろなところが変わっているのだが、Q3オーナーか、よほど詳しい人でなければその違いに気づくことはないだろう。ただ、ウインカーやハザードランプを点滅させたときは別だ。リアLEDテールライトが流れるように点滅する「ダイナミックターンインディケーター」がこのQ3にも採用されているのだ。昭和40年代に流行した「電子フラッシャー」付きサイクリング車に憧れた身には、一番“刺さる”部分だ。

国内では2015年5月21日に発売された、最新型の「アウディQ3」。マイナーチェンジを機に、新デザインのシングルフレームグリルが採用された。
国内では2015年5月21日に発売された、最新型の「アウディQ3」。マイナーチェンジを機に、新デザインのシングルフレームグリルが採用された。
「Q3 2.0 TFSIクワトロ 180PS」には、サイドサポートを強化したスポーツシートが与えられる。S line仕様のテスト車はさらに、表皮がスプリントクロスとレザーのコンビに変更されている。
「Q3 2.0 TFSIクワトロ 180PS」には、サイドサポートを強化したスポーツシートが与えられる。S line仕様のテスト車はさらに、表皮がスプリントクロスとレザーのコンビに変更されている。
リアビュー。ボディーカラーは、写真の「ハイナンブルー メタリック」を含む全7色が用意される。
リアビュー。ボディーカラーは、写真の「ハイナンブルー メタリック」を含む全7色が用意される。
LED式のリアコンビランプには、ウインカーの光が車体内側から外側に向かって流れる「ダイナミックターンインディケーター」が内蔵されている。(写真をクリックすると、点滅の様子が見られます)
LED式のリアコンビランプには、ウインカーの光が車体内側から外側に向かって流れる「ダイナミックターンインディケーター」が内蔵されている。(写真をクリックすると、点滅の様子が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.5 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。
  • アウディQ7 3.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.26 試乗記 旧型比で最大300kgものダイエットに成功した新型「アウディQ7」。新登場の2リッターモデルをダウンサイズの象徴として応援したいところだが、「3.0 TFSIクワトロ」のリッチは味わいには、あらがいがたい魅力があるのも確かだ。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • プジョーの7人乗りSUV「5008」 今秋日本導入へ 2017.4.10 自動車ニュース プジョーが3列7人乗りのミドルサイズSUVである、新型「5008」を日本に導入すると発表した。ラインナップはガソリン車の「アリュール」とディーゼル車の「GT BlueHDi」の2種類で、導入時期は2017年秋とされている。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
ホームへ戻る