ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSEラグジュアリー(4WD/9AT)

その先を目指す人へ 2015.06.23 試乗記 ランドローバーの新型SUV「ディスカバリー スポーツ」に試乗。街乗り性能が洗練されても、オフロードの走破性を決して忘れないランドローバー。意外と骨っぽい“ディスコ”だが、だからこそ始まる恋(?)だってあるのだ。

比べるのは愚と知りつつ……

これは冒険家のクルマである。温かい羽毛ベッドを拒否し、極寒の地でテントを張ってシュラフで寝るような男の日常生活道具。フツウの乗用車ではない、ということを前提に語らなければならない。

正直に申し上げて、第一印象は最悪だった。ラブコメの始まりのように、『なんだ、コイツ?』と思った。ステアリングフィールにデリカシィっつーもんがない。電動パワーアシストは路面のフィールを伝えない。乗り心地は硬すぎ、2リッター直噴4気筒ターボは低速トルクがスカスカ。カッコは『スター・ウォーズ』のストーム・トルーパーみたいでいいんだけどなぁ……。

直前に世界で最も贅沢(ぜいたく)な一台である「メルセデス・マイバッハS600」に乗っていたこともある。ひとは、否、私は直前に親しんでいたクルマに影響されやすい。6リッターV12ツインターボのビーフステーキィなトルク、セミアニリンレザーに囲まれた極上空間と来たら、「柔肌の熱き血潮に触れまくり」という感じ。

2600万円の超高級車と、「ラグジュアリー」と名のつく高級版とはいえ、692万円のコンパクトSUVとを比べるのは、2600万円と692万円のダイヤモンドを比べて、こっちは小さいわねぇ、と呟(つぶや)くようなもので、愚なことである。

「ディスカバリー スポーツ」は新しいディスカバリーファミリーの第1弾として、2014年10月のパリモーターショーで世界初公開された。
「ディスカバリー スポーツ」は新しいディスカバリーファミリーの第1弾として、2014年10月のパリモーターショーで世界初公開された。
アルファベットの「T」を思わせる直線的なダッシュボードデザインはランドローバー一族共通の“流儀”。機能的なだけでなく、質感にも気を配られている。
アルファベットの「T」を思わせる直線的なダッシュボードデザインはランドローバー一族共通の“流儀”。機能的なだけでなく、質感にも気を配られている。
最上級グレード「HSEラグジュアリー」には上質なウィンザーレザーのシートが装着される。
最上級グレード「HSEラグジュアリー」には上質なウィンザーレザーのシートが装着される。
プラットフォームの基本部分は「レンジローバー イヴォーク」と共用するが、リアサスペンションはストラットではなくマルチリンクとなる点が異なる。
プラットフォームの基本部分は「レンジローバー イヴォーク」と共用するが、リアサスペンションはストラットではなくマルチリンクとなる点が異なる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ディスカバリー スポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る