史上最強のシボレー・コルベット、日本で初披露

2015.06.02 自動車ニュース
今回お披露目となった2台。左が「シボレー・コルベットZ06クーペ」、右が「Z06コンバーチブル」。
今回お披露目となった2台。左が「シボレー・コルベットZ06クーペ」、右が「Z06コンバーチブル」。

GMが「シボレー・コルベットZ06クーペ」初披露
同時に「コンバーチブル」を発表

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年5月30日、同日から31日にかけて長野・高峰高原で開催された「浅間ヒルクライム2015」の会場において、第7世代シボレー・コルベットの高性能バージョン「コルベットZ06(ズィー・オー・シックス)コンバーチブル」を発表した。また、昨年プレオーダーが受け付けられた同クーペモデルも同時に初公開された。

「シボレー・コルベットZ06コンバーチブル」
「シボレー・コルベットZ06コンバーチブル」
ルーフ開閉の様子。リモコンキーでの操作も可能で、約50km/hまでなら開閉ができるという。
ルーフ開閉の様子。リモコンキーでの操作も可能で、約50km/hまでなら開閉ができるという。
スーパーチャージャー付きの6.2リッターV8 OHVエンジンは、659ps/6400rpm、89.8kgm/3600rpmを発生する。
スーパーチャージャー付きの6.2リッターV8 OHVエンジンは、659ps/6400rpm、89.8kgm/3600rpmを発生する。
史上最強のシボレー・コルベット、日本で初披露の画像

■コルベットの発祥はコンバーチブル

初代コルベット(C1)がデビューしたのは1953年、場所はニューヨークのウォルドルフ・アストリアホテルであった。そのボディーはコンバーチブル。つまり、コルベットの始祖はコンバーチブルなのである。

今回発表されたZ06コンバーチブルは、Z06にとって2代目となるモデルだ。そもそもZ06とはどういう位置づけのモデルなのか。1963年、2代目コルベット(C2)のオプションとして初めて「Z06パッケージ」は設定された。ゼネラルモーターズ・ジャパン コミュニケーションズディレクターのジョージ・ハンセン氏は、「当時のSCCAのレースでは、ワークス車両の出場は認められていなかった。そこでGMは、レース出場を目指すユーザーのために、グレードのひとつとしてZ06パッケージを設定。これを注文することで、レーストラック用に仕上げられたクルマが手に入るという仕組みを取った。本当に、知る人ぞ知るという存在だった」と説明する。

このC2のZ06パッケージには、クーペとコンバーチブルが存在したが、実際にはコンバーチブルの注文台数は1台のみ(クーペは198台)だったという。Z06としてコンバーチブルが発売されるのはそれ以来、今回が2度目なのである。

■Z06に初めて8段ATモデルが登場

今回、これまで7段MTのみだったZ06に8段ATが追加導入された。このトランスミッションについて、ハンセン氏は、「他社のツインクラッチ等と比較し遜色ないチェンジスピードだ。さらにトルコンならではのスムーズさも兼ね備えている」と評価している。
モデルとしても、MTとATを両方ラインナップするハイパフォーマンスカーは少ないという点で特徴的だ。ちなみにZ06にATがラインナップされるのは今回が初となる。

価格に関してだが、MTモデルは1380万円。クーペのATとコンバーチブルのATに関しては未定で、両ATモデルの発売は2015年冬が予定されている。

(文と写真=内田俊一)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
ホームへ戻る