スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)

単なる“化粧直し”にあらず 2015.06.08 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。

実は画期的なクルマだった

2008年6月に登場したエクシーガは“スバル初”となる多人数乗用車である。正確に言えば、過去には軽ワンボックスベースの「ドミンゴ」や、「オペル・ザフィーラ」のOEMモデル「トラヴィック」なども販売していたが、スバルの持つ4WD技術や先進安全装備など、現在の流れをくむモデルとして考えると、エクシーガは同社の歴史の中でエポックメイキングなモデルといえる。

これまでにも、アイサイトのver.1からver.2への進化、コンベンショナルなATから自社開発によるCVT「リニアトロニック」への変更など、スバルらしいチャレンジを行ってきたモデルではあるが、それでも販売は決して納得できるレベルではなかった。それについて、現場で聞く声としては「スライドドアの非採用」が多く挙げられる。乗用車テイストをしっかり残すモデルは、やはり空間や使い勝手の面で箱型のモデルに見劣りする。それでも「マツダ・プレマシー」や「トヨタ・アイシス」などはスライドドアを採用することで一定の評価を得ており、エクシーガがやや不利であったことは否めない。

そんな中、2015年4月に登場したのがこの「クロスオーバー7」である。ニューモデルらしいイメージの浸透のため、宣伝などではこの呼び方を前面に押し出しているが、正式車名は「エクシーガ クロスオーバー7」。つまりその魂(大げさだが)はしっかりと引き継がれていることになる。

正直に言えば、この手の商品はいわゆる「化粧直し」的な意味合いのものが多い。もちろんクロスオーバー7にしても、営業上のテコ入れやモデルとしての延命という目的もあるはずだ。しかしそこは「真面目を絵に描いた」ようなスバルの面目躍如。実際に見て、乗ってみると、その進化に驚くだけなく、商品開発とマーケティングが絶妙に計算されていることがわかる。

3列7人乗りの「エクシーガ」をSUV風のスタイリングに仕立てた「エクシーガ クロスオーバー7」。2015年4月に発売された。
3列7人乗りの「エクシーガ」をSUV風のスタイリングに仕立てた「エクシーガ クロスオーバー7」。2015年4月に発売された。
インテリアはブラックとタンのツートンカラー。ファブリックと合皮のコンビシートに加え、オプションでスエード調皮革と本革のコンビシートも用意される。
インテリアはブラックとタンのツートンカラー。ファブリックと合皮のコンビシートに加え、オプションでスエード調皮革と本革のコンビシートも用意される。
ベース車同様、2列目シートには6:4分割のリクライニングおよびスライド調整機構を採用している。
ベース車同様、2列目シートには6:4分割のリクライニングおよびスライド調整機構を採用している。
3列目シートは5:5の分割可倒式で、リクライニング調整機構も備わる。
3列目シートは5:5の分割可倒式で、リクライニング調整機構も備わる。
ロッカーパネルに施された「CROSSOVER7」のロゴ。
ロッカーパネルに施された「CROSSOVER7」のロゴ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクシーガ クロスオーバー7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • スバルの7シーター「クロスオーバー7」にレジャーで役立つ特別仕様車 2017.3.13 自動車ニュース スバルが「クロスオーバー7」の外装色を変更。同時に特別仕様車「X-BREAK」を設定した。ダッシュボードの装飾パネルやサイドクラッディングなどでデコレートされた内外装が特徴で、はっ水シートやリバーシブルカーゴフロアボードなどが装備される。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る