スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)

単なる“化粧直し”にあらず 2015.06.08 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。

実は画期的なクルマだった

2008年6月に登場したエクシーガは“スバル初”となる多人数乗用車である。正確に言えば、過去には軽ワンボックスベースの「ドミンゴ」や、「オペル・ザフィーラ」のOEMモデル「トラヴィック」なども販売していたが、スバルの持つ4WD技術や先進安全装備など、現在の流れをくむモデルとして考えると、エクシーガは同社の歴史の中でエポックメイキングなモデルといえる。

これまでにも、アイサイトのver.1からver.2への進化、コンベンショナルなATから自社開発によるCVT「リニアトロニック」への変更など、スバルらしいチャレンジを行ってきたモデルではあるが、それでも販売は決して納得できるレベルではなかった。それについて、現場で聞く声としては「スライドドアの非採用」が多く挙げられる。乗用車テイストをしっかり残すモデルは、やはり空間や使い勝手の面で箱型のモデルに見劣りする。それでも「マツダ・プレマシー」や「トヨタ・アイシス」などはスライドドアを採用することで一定の評価を得ており、エクシーガがやや不利であったことは否めない。

そんな中、2015年4月に登場したのがこの「クロスオーバー7」である。ニューモデルらしいイメージの浸透のため、宣伝などではこの呼び方を前面に押し出しているが、正式車名は「エクシーガ クロスオーバー7」。つまりその魂(大げさだが)はしっかりと引き継がれていることになる。

正直に言えば、この手の商品はいわゆる「化粧直し」的な意味合いのものが多い。もちろんクロスオーバー7にしても、営業上のテコ入れやモデルとしての延命という目的もあるはずだ。しかしそこは「真面目を絵に描いた」ようなスバルの面目躍如。実際に見て、乗ってみると、その進化に驚くだけなく、商品開発とマーケティングが絶妙に計算されていることがわかる。

3列7人乗りの「エクシーガ」をSUV風のスタイリングに仕立てた「エクシーガ クロスオーバー7」。2015年4月に発売された。
3列7人乗りの「エクシーガ」をSUV風のスタイリングに仕立てた「エクシーガ クロスオーバー7」。2015年4月に発売された。
インテリアはブラックとタンのツートンカラー。ファブリックと合皮のコンビシートに加え、オプションでスエード調皮革と本革のコンビシートも用意される。
インテリアはブラックとタンのツートンカラー。ファブリックと合皮のコンビシートに加え、オプションでスエード調皮革と本革のコンビシートも用意される。
ベース車同様、2列目シートには6:4分割のリクライニングおよびスライド調整機構を採用している。
ベース車同様、2列目シートには6:4分割のリクライニングおよびスライド調整機構を採用している。
3列目シートは5:5の分割可倒式で、リクライニング調整機構も備わる。
3列目シートは5:5の分割可倒式で、リクライニング調整機構も備わる。
ロッカーパネルに施された「CROSSOVER7」のロゴ。
ロッカーパネルに施された「CROSSOVER7」のロゴ。
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る