ボルボ、S60/V60ポールスターを限定販売

2015.06.02 自動車ニュース
「ボルボS60ポールスター」(手前)と「V60ポールスター」(奥)。
「ボルボS60ポールスター」(手前)と「V60ポールスター」(奥)。

ボルボ「S60/V60ポールスター」を限定販売

ボルボ・カー・ジャパンは2015年6月1日、ボルボがポールスター社と共同開発したコンプリートカー「S60ポールスター」と「V60ポールスター」の予約受注を、50台の台数限定で開始した。

S60/V60ポールスターは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したS60/V60の上級グレード「T6 AWD R-DESIGN」をベースに、ボルボのモータースポーツ活動を支えるポールスター社がチューニングを施した高性能モデルである。2014年に、日本を含む世界8カ国で発売され、現在では13カ国で販売されている。

エンジンはベース車の3リッター直6ターボをベースに独自の改良を施したもので、専用のボルグワーナ製ツインスクロールターボチャージャーやインタークーラーを搭載することで、350ps/5250rpmの最高出力と51.0kgm/3000-4750rpmの最大トルクを発生。排気系には2.5インチステンレス製エキゾーストシステムと、電子制御エキゾーストフラップ付きの3.5インチツインテールパイプを採用している。また4WDシステムについては、後輪により多くの駆動力を配分するよう制御を変更。スロットルレスポンスやシフトプログラムも最適化を図っている。

足まわりも強化しており、サスペンションにはオーリンズと共同開発したショックアブソーバーを採用。ベース車よりスプリングレートを80%高めたほか、カーボンファイバー製の強化フロントストラットタワーバーなどを装備している。また、タイヤには245/35R20サイズの「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」を採用。フロントブレーキには、ブレンボ製6ピストンキャリパーと、371mmのベンチレーテッドディスクを組み合わせている。

価格はS60ポールスターが829万円、V60ポールスターが849万円。販売台数は、前者が10台、後者が40台となる。

(webCG)
 

関連キーワード:
S60V60ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT6 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.2.5 試乗記 ボルボが主催した雪上試乗会に参加。「V90クロスカントリー」を駆り、信州は志賀高原でその雪上性能をチェックするとともに、先進装備をフル活用した“極楽浄土”もかくやの快適クルージングを堪能した。
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.4 試乗記 デザインはもちろん、走りにおいてもライバルとは趣を異にする新型「ボルボXC60」。シャシーのチューニングから運転席まわりのインターフェイスに至るまで、すべてが丁寧に作りこまれたこのクルマの特徴をひとことで言い表すと……。
ホームへ戻る