ボルボ、S60/V60ポールスターを限定販売

2015.06.02 自動車ニュース
「ボルボS60ポールスター」(手前)と「V60ポールスター」(奥)。
「ボルボS60ポールスター」(手前)と「V60ポールスター」(奥)。

ボルボ「S60/V60ポールスター」を限定販売

ボルボ・カー・ジャパンは2015年6月1日、ボルボがポールスター社と共同開発したコンプリートカー「S60ポールスター」と「V60ポールスター」の予約受注を、50台の台数限定で開始した。

S60/V60ポールスターは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したS60/V60の上級グレード「T6 AWD R-DESIGN」をベースに、ボルボのモータースポーツ活動を支えるポールスター社がチューニングを施した高性能モデルである。2014年に、日本を含む世界8カ国で発売され、現在では13カ国で販売されている。

エンジンはベース車の3リッター直6ターボをベースに独自の改良を施したもので、専用のボルグワーナ製ツインスクロールターボチャージャーやインタークーラーを搭載することで、350ps/5250rpmの最高出力と51.0kgm/3000-4750rpmの最大トルクを発生。排気系には2.5インチステンレス製エキゾーストシステムと、電子制御エキゾーストフラップ付きの3.5インチツインテールパイプを採用している。また4WDシステムについては、後輪により多くの駆動力を配分するよう制御を変更。スロットルレスポンスやシフトプログラムも最適化を図っている。

足まわりも強化しており、サスペンションにはオーリンズと共同開発したショックアブソーバーを採用。ベース車よりスプリングレートを80%高めたほか、カーボンファイバー製の強化フロントストラットタワーバーなどを装備している。また、タイヤには245/35R20サイズの「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」を採用。フロントブレーキには、ブレンボ製6ピストンキャリパーと、371mmのベンチレーテッドディスクを組み合わせている。

価格はS60ポールスターが829万円、V60ポールスターが849万円。販売台数は、前者が10台、後者が40台となる。

(webCG)
 

関連キーワード:
S60V60ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボの「60シリーズ」に装備充実の新グレード登場 2017.8.22 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年8月22日、「S60/V60/V60クロスカントリー」の一部仕様を変更し、販売を開始した。ベーシックグレードの「タック」および充実した装備を誇る「クラシック」グレードが追加設定された。
  • 「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに 2017.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジした。同年10月2日に発売する。2代目となる新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。
  • 「ホンダN-BOX」がフルモデルチェンジ 2017.8.31 自動車ニュース ホンダの軽トールワゴン「N-BOX」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、新開発のプラットフォームを採用するなど、車両のすべてを従来モデルから一新。助手席ロングスライド機構をはじめ、さまざまな新機軸が取り入れられている。
ホームへ戻る