トヨタ・ハリアーに特別仕様車

2015.06.02 自動車ニュース
特別仕様車「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」。ボディーカラーはブラッキッシュアゲハガラスフレーク」。
特別仕様車「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」。ボディーカラーはブラッキッシュアゲハガラスフレーク」。

「トヨタ・ハリアー」に特別仕様車

トヨタ自動車は2015年6月2日、「ハリアー プレミアム」と「ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ」に特別仕様車「Style MAUVE(スタイル モーヴ)」を設定し、同日発売した。

「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」(レッドマイカメタリック)。
「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」(レッドマイカメタリック)。
「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」のコックピット。
「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」のコックピット。
シート表皮はアルカンターラと合成皮革からなる。
シート表皮はアルカンターラと合成皮革からなる。
ダークバイオレットの専用シートベルトが付く。
ダークバイオレットの専用シートベルトが付く。
シフトパネルはファシネイトブラック加飾に。
シフトパネルはファシネイトブラック加飾に。
ブラック塗装と切削光輝仕上げが施された専用18インチアルミホイール。
ブラック塗装と切削光輝仕上げが施された専用18インチアルミホイール。

■上質感を強調

モーヴとは仏語や英語で「ふじ色」の意。インストゥルメントパネルやドアトリムなどに専用内装色「スティールモーヴ」を採用した。また、室内の随所にダークバイオレットのステッチを施すとともに、ダークバイオレットのシートベルトや、ピアノブラック調の本革巻き3本スポークステアリングホイール、ファシネイトブラック(ピアノブラックをベースにした、青紫色基調の淡いオーロラ模様)加飾のシフトパネル、アルカンターラのシート表皮(メイン材)を採用し、上質感を際立たせた。

さらに、運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシート(運転席4ウェイ電動ランバーサポート付き)&マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリング、シート)や快適温熱シート(運転席、助手席)などを特別装備した。

そのほか、ブラック塗装に切削光輝仕上げを施した専用18インチアルミホイールを装備するとともに、外板色には特別設定色レッドマイカメタリックを含む全5色を設定した。

価格は323万7055円(プレミアム“スタイル モーヴ”/FF)~469万2109円(プレミアム“アドバンストパッケージ・スタイル モーヴ”/ハイブリッド E-Four)。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る