トヨタ・ハリアーに特別仕様車

2015.06.02 自動車ニュース
特別仕様車「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」。ボディーカラーはブラッキッシュアゲハガラスフレーク」。
特別仕様車「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」。ボディーカラーはブラッキッシュアゲハガラスフレーク」。

「トヨタ・ハリアー」に特別仕様車

トヨタ自動車は2015年6月2日、「ハリアー プレミアム」と「ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ」に特別仕様車「Style MAUVE(スタイル モーヴ)」を設定し、同日発売した。

「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」(レッドマイカメタリック)。
「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」(レッドマイカメタリック)。
「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」のコックピット。
「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」のコックピット。
シート表皮はアルカンターラと合成皮革からなる。
シート表皮はアルカンターラと合成皮革からなる。
ダークバイオレットの専用シートベルトが付く。
ダークバイオレットの専用シートベルトが付く。
シフトパネルはファシネイトブラック加飾に。
シフトパネルはファシネイトブラック加飾に。
ブラック塗装と切削光輝仕上げが施された専用18インチアルミホイール。
ブラック塗装と切削光輝仕上げが施された専用18インチアルミホイール。

■上質感を強調

モーヴとは仏語や英語で「ふじ色」の意。インストゥルメントパネルやドアトリムなどに専用内装色「スティールモーヴ」を採用した。また、室内の随所にダークバイオレットのステッチを施すとともに、ダークバイオレットのシートベルトや、ピアノブラック調の本革巻き3本スポークステアリングホイール、ファシネイトブラック(ピアノブラックをベースにした、青紫色基調の淡いオーロラ模様)加飾のシフトパネル、アルカンターラのシート表皮(メイン材)を採用し、上質感を際立たせた。

さらに、運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシート(運転席4ウェイ電動ランバーサポート付き)&マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリング、シート)や快適温熱シート(運転席、助手席)などを特別装備した。

そのほか、ブラック塗装に切削光輝仕上げを施した専用18インチアルミホイールを装備するとともに、外板色には特別設定色レッドマイカメタリックを含む全5色を設定した。

価格は323万7055円(プレミアム“スタイル モーヴ”/FF)~469万2109円(プレミアム“アドバンストパッケージ・スタイル モーヴ”/ハイブリッド E-Four)。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る