トヨタ・ハリアーに特別仕様車

2015.06.02 自動車ニュース
特別仕様車「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」。ボディーカラーはブラッキッシュアゲハガラスフレーク」。
特別仕様車「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」。ボディーカラーはブラッキッシュアゲハガラスフレーク」。

「トヨタ・ハリアー」に特別仕様車

トヨタ自動車は2015年6月2日、「ハリアー プレミアム」と「ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ」に特別仕様車「Style MAUVE(スタイル モーヴ)」を設定し、同日発売した。

「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」(レッドマイカメタリック)。
「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」(レッドマイカメタリック)。
「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」のコックピット。
「ハリアー プレミアム“スタイル モーヴ”」のコックピット。
シート表皮はアルカンターラと合成皮革からなる。
シート表皮はアルカンターラと合成皮革からなる。
ダークバイオレットの専用シートベルトが付く。
ダークバイオレットの専用シートベルトが付く。
シフトパネルはファシネイトブラック加飾に。
シフトパネルはファシネイトブラック加飾に。
ブラック塗装と切削光輝仕上げが施された専用18インチアルミホイール。
ブラック塗装と切削光輝仕上げが施された専用18インチアルミホイール。

■上質感を強調

モーヴとは仏語や英語で「ふじ色」の意。インストゥルメントパネルやドアトリムなどに専用内装色「スティールモーヴ」を採用した。また、室内の随所にダークバイオレットのステッチを施すとともに、ダークバイオレットのシートベルトや、ピアノブラック調の本革巻き3本スポークステアリングホイール、ファシネイトブラック(ピアノブラックをベースにした、青紫色基調の淡いオーロラ模様)加飾のシフトパネル、アルカンターラのシート表皮(メイン材)を採用し、上質感を際立たせた。

さらに、運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシート(運転席4ウェイ電動ランバーサポート付き)&マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリング、シート)や快適温熱シート(運転席、助手席)などを特別装備した。

そのほか、ブラック塗装に切削光輝仕上げを施した専用18インチアルミホイールを装備するとともに、外板色には特別設定色レッドマイカメタリックを含む全5色を設定した。

価格は323万7055円(プレミアム“スタイル モーヴ”/FF)~469万2109円(プレミアム“アドバンストパッケージ・スタイル モーヴ”/ハイブリッド E-Four)。

(webCG)

関連キーワード:
ハリアートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る