第401回:シャンゼリゼのプジョーショールームに無数の落書き!? それを描いたのは?

2015.06.05 エッセイ

時代を映す街路

先日、パリに滞在していたときである。日ごろは庶民的なセーヌ左岸の心地よさにどっぷり漬かり、一度も対岸に渡らずイタリアに戻ってしまうことも少なくない。しかし、今回は連休に当たってしまった。フランスもここ数年の法改正で祝日営業が増えてきたが、やはり閉じている店が多い。そうしたときも開いているところといえば、シャンゼリゼ通りである。長年祝日営業が許されてきた数少ないエリアだ。

シャンゼリゼは、パリ随一の観光スポットであることに変わりはないが、ディテールは刻々と変容を遂げている。例えば、ヴァージンメガストアの旗艦店は2013年初頭に本社による閉鎖の決定を受けて以来、シャッターを下ろしている。そこでイタリアで未発売のフランスのB級コメディーのDVDをたびたびあさっていたボクとしては複雑な心境だ。だが、CDからDVD、そしてオンライン視聴への潮流に抗することは、もはや不可能であろう。

1927年の開設以来42番地にあるシトロエンのショールーム「C42」も、同じ2013年に大きな変化を迎えた。同社は経営不振の打開策として、中東カタール資本の企業にビルを売却し、現在はテナントとしてビルを使用している。シャンゼリゼは、時代を映す鏡である。

パリのシャンゼリゼ通りにて。プジョーの看板ショールーム「プジョーアヴェニュー」のガラスに、大胆なグラフィティが!
パリのシャンゼリゼ通りにて。プジョーの看板ショールーム「プジョーアヴェニュー」のガラスに、大胆なグラフィティが!
ダルコ氏によるストリートアートは、館内にまで及んでいた。これは、ショールームのリニューアルオープンと、シティーカー「108」のプロモーションを兼ねたものである。
ダルコ氏によるストリートアートは、館内にまで及んでいた。これは、ショールームのリニューアルオープンと、シティーカー「108」のプロモーションを兼ねたものである。
オフィシャルグッズ陳列棚の頭上にも、ダルコ氏の作品が。
オフィシャルグッズ陳列棚の頭上にも、ダルコ氏の作品が。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。