第298回:近未来のスポーツカーサウンドを体感!?
EVで復活した「トミーカイラZZ」を試す

2015.06.04 エッセイ
電気自動車の「トミーカイラZZ」とGLMの小間裕康社長(右)、ローランドの三木純一社長。

京都大学発の電気自動車(EV)ベンチャー企業であるGLMと電子楽器メーカーのローランドが、EV向けのサウンドシステムを共同開発。国産初の量産EVスポーツ「トミーカイラZZ」のオプションとして2015年秋に発売すると発表した。EVの魅力を飛躍的に高めるとうたわれる「近未来サウンド」はどのようにして生まれたのか? 自動車ジャーナリスト森口将之がリポートする。

電気自動車としてよみがえった「トミーカイラZZ」のロゴマーク。
「トミーカイラZZ」のインテリア。シフトセレクターはダイヤル式で、インストゥルメントパネルの中央に備わる。
メーターはデジタル式で、車速やバッテリー残量などに加え、水温、油温、バッテリーの温度なども表示される。

老舗楽器店の橋渡しでコラボが実現

EVの音をどうするか? 音源の主役だったエンジンサウンドや吸排気音が失われて、自動車業界はどうしていいか迷っているような感じを受ける。そんな中で今回発表されたテクノロジーは、ソリューションのひとつになるかもしれない。

GLMは2010年に京都で創業。同じ年にはやはり京都生まれのトミーカイラ・ブランドの継承を決め、地元のものづくり企業とワーキンググループを結成。2012年にトミーカイラZZのナンバーを取得し、2014年から納車を開始している。

EV版のトミーカイラZZは、1997年から1999年まで販売されていたトミーカイラZZのエンジンをモーターに載せ換えただけのクルマではない。ボディーは2代目として発売予定だった「ZZII」のイメージを反映させ、シャシーは衝突安全性能をクリアするとともに、後輪荷重を増やして安定性を増すべく再設計されている。開発には大手メーカーやベンチャー企業、レーシングチーム出身のエンジニアが当たった。

車両重量は850kgしかなく、パワーウェイトレシオはガソリン仕様をしのぐ2.7kg/ps。0-100km/h加速はわずか3.9秒という。工場は京都の舞鶴にあり、99台の限定生産。価格は864万円となっている。

GLMとローランドの出会いは、大阪駅近くのグランフロント大阪に、トミーカイラZZを展示したことがきっかけだった。近くに老舗楽器店、三木楽器の展示スペースがあったので、EVの音作りをしたいと打ち明けたところ、三木楽器がローランドを紹介してくれたという。ローランドでは、以前からEVの音作りの研究開発を行っていたこともあり、すぐに合意した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ