トヨタ・カローラ フィールダー1.5G“W×B”(FF/CVT)

平凡を突き詰めよう 2015.06.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「カローラ」シリーズの中からワゴンモデルの「フィールダー」に試乗。23.0km/リッター(JC08モード)の燃費をうたう新型1.5リッターエンジン搭載車の“実用車力”を探った。

主役の交代

かつて自動車雑誌のペーペー編集部員だったころ、カローラのフルモデルチェンジは一大事だった。搭載エンジン別に数車種の試乗記事はもちろん、インタビューやデザイン解説など計数十ページの巻頭特集を組む大イベントでわけも分からないままお手伝いに走り回ったものだ。カローラはまさしくトヨタの、日本車の象徴であり、個人所有の自家用車が“マイカー”あるいは“大衆車”と呼ばれた時代の王様だった。

だが諸行は無常である。このような呼び方ももはや通用しなくなった。確か2002年に30年以上にわたって守り続けてきたベストセラーカーの称号を「ホンダ・フィット」に奪われてからは、トヨタの重心もハイブリッドモデルの「プリウス」、そして「アクア」に移り、その名前の持つ重みは少しずつ低下し、今ではどのような扱いにせよ話題に上ることすら少なくなった。

カローラのすごさもBMWの素晴らしさも理解していない人たちが「3シリーズ」を「六本木カローラ」と揶揄(やゆ)していた時代に修業を積んだわれわれ世代からすると、カローラは常に“偉大なる平凡”として視界に入る存在だったのだが、久しぶりに乗ってみると、やはり忘れられかけた大物歌手のような寂しさも漂っている。聞けばカローラのカスタマーは高年齢化が顕著であり、セダンの「アクシオ」では60代後半が中心、スポーティー路線で若者向けを強くアピールするワゴンの「フィールダー」にしても顧客層の真ん中は50代後半だという。

長く続くブランドは顧客層の新陳代謝に悩むのが当然ながら、これではキムタク世代にアピールするどころか、お爺(じい)さんの車になっているのが現実。顔つきを「ミライ」風にお化粧し直したとしても、それで急に売り上げが伸びるほど簡単な時代ではないことはご承知の通りである。

無論カローラは今も販売ランキングのトップ10に入る実力の持ち主だが、その立ち位置は舞台の真ん中ではない。ちなみに月販目標はフィールダー6000台、アクシオ3000台とワゴンが中心である。

マイナーチェンジを受けた「カローラ」シリーズ。フロントフェイスをはじめとする内外装デザインが変更されたほか、安全性能が強化された。


    マイナーチェンジを受けた「カローラ」シリーズ。フロントフェイスをはじめとする内外装デザインが変更されたほか、安全性能が強化された。
試乗車は上級グレードの「W×B(ダブルバイビー)」。従来は「AEROTOURER・W×B」という名の特別仕様車だったが、今回カタログモデル化された。
試乗車は上級グレードの「W×B(ダブルバイビー)」。従来は「AEROTOURER・W×B」という名の特別仕様車だったが、今回カタログモデル化された。
ロワーグリルが大型化され、顔つきの迫力が増した。スポーティーなドットパターンが採用されている。
ロワーグリルが大型化され、顔つきの迫力が増した。スポーティーなドットパターンが採用されている。
リアコンビネーションランプの形状が変更され、横長なデザインに。これによりワイド感が強調された。
リアコンビネーションランプの形状が変更され、横長なデザインに。これによりワイド感が強調された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カローラ フィールダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る