ホンダ・シャトル ハイブリッドZ(FF/7AT)/シャトル ハイブリッドX(FF/7AT)/シャトルG(FF/CVT)

もうひと工夫欲しかった 2015.06.09 試乗記 もはや派生車種にあらず。「フィット」の名に別れを告げ、車名も新たに「ホンダ・シャトル」となって登場したホンダの新型コンパクトワゴンの実力を探る。

「フィットではない」と言うけれど

フィットから生まれた新型コンパクトステーションワゴンがシャトルである。
先代は2011年に登場した「フィットシャトル」。ベースを現行の4代目フィットにアップデートしたら、フィットの名前が取れた。同じファミリーネームを付けることで販売台数の上積みに貢献するというメリットを捨てて、あえてシャトルとして独立させたのは、フィットよりアッパークラスというキャラクターとイメージを明確にしたかったからだという。

とはいえ、フロントマスクの化粧で新味を出してはいるものの、リアドアまではフィットと同じである。2530mmのホイールベースも変わらない。違いは、リアシートから後ろをフィットより40cm以上延ばし、たっぷりした荷室空間を与えたこと。立体駐車場ギリギリの1545mm(FF)というトールサイズでステーションワゴンという呼び名は、どうもピンとこないが、現行ホンダ車で唯一、ステーションワゴンを名乗るのがシャトルである。
パワーユニットは、アトキンソンサイクルの1.5リッターにモーターを組み合わせたハイブリッドと、生エンジン(?)の直噴1.5リッターの2種類。いずれもフィットと共通のユニットである。

「ホンダ・シャトル」はコンパクトカー「フィット」のプラットフォームをベースに開発されたワゴンモデルであり、「フィットシャトル」の後継モデルに当たる。
「ホンダ・シャトル」はコンパクトカー「フィット」のプラットフォームをベースに開発されたワゴンモデルであり、「フィットシャトル」の後継モデルに当たる。
ベース車とは大きく意匠が異なるフロントマスク。「ハイブリッドZ」と「ハイブリッドX」にはLEDヘッドランプが標準装備される。
ベース車とは大きく意匠が異なるフロントマスク。「ハイブリッドZ」と「ハイブリッドX」にはLEDヘッドランプが標準装備される。
パワーユニットは基本的に「フィット」のものと共通。ハイブリッド車には1.5リッターエンジンと、7段デュアルクラッチ式AT内にモーターを組み込んだ「i-DCD」と呼ばれるシステムが搭載される。
パワーユニットは基本的に「フィット」のものと共通。ハイブリッド車には1.5リッターエンジンと、7段デュアルクラッチ式AT内にモーターを組み込んだ「i-DCD」と呼ばれるシステムが搭載される。
ハイブリッド車のシフトセレクター。「ハイブリッドZ」「ハイブリッドX」には、マニュアルモード用のシフトパドルも備わる。
ハイブリッド車のシフトセレクター。「ハイブリッドZ」「ハイブリッドX」には、マニュアルモード用のシフトパドルも備わる。
関連記事
  • ホンダ・シャトル ハイブリッドZ(FF/7AT)【試乗記】 2015.7.7 試乗記 「フィット」の名前を捨て、独り立ちした「シャトル」。フィットとの乗り味、使い勝手の違いは? ワゴンならではの魅力を最上級グレードで探った。
  • ホンダ・シャトル(前編) 2015.5.15 画像・写真 ホンダから新型コンパクトワゴン「シャトル」登場。その姿を写真で紹介する。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
ホームへ戻る