ホンダ・シャトル ハイブリッドZ(FF/7AT)/シャトル ハイブリッドX(FF/7AT)/シャトルG(FF/CVT)

もうひと工夫欲しかった 2015.06.09 試乗記 もはや派生車種にあらず。「フィット」の名に別れを告げ、車名も新たに「ホンダ・シャトル」となって登場したホンダの新型コンパクトワゴンの実力を探る。

「フィットではない」と言うけれど

フィットから生まれた新型コンパクトステーションワゴンがシャトルである。
先代は2011年に登場した「フィットシャトル」。ベースを現行の4代目フィットにアップデートしたら、フィットの名前が取れた。同じファミリーネームを付けることで販売台数の上積みに貢献するというメリットを捨てて、あえてシャトルとして独立させたのは、フィットよりアッパークラスというキャラクターとイメージを明確にしたかったからだという。

とはいえ、フロントマスクの化粧で新味を出してはいるものの、リアドアまではフィットと同じである。2530mmのホイールベースも変わらない。違いは、リアシートから後ろをフィットより40cm以上延ばし、たっぷりした荷室空間を与えたこと。立体駐車場ギリギリの1545mm(FF)というトールサイズでステーションワゴンという呼び名は、どうもピンとこないが、現行ホンダ車で唯一、ステーションワゴンを名乗るのがシャトルである。
パワーユニットは、アトキンソンサイクルの1.5リッターにモーターを組み合わせたハイブリッドと、生エンジン(?)の直噴1.5リッターの2種類。いずれもフィットと共通のユニットである。

「ホンダ・シャトル」はコンパクトカー「フィット」のプラットフォームをベースに開発されたワゴンモデルであり、「フィットシャトル」の後継モデルに当たる。
「ホンダ・シャトル」はコンパクトカー「フィット」のプラットフォームをベースに開発されたワゴンモデルであり、「フィットシャトル」の後継モデルに当たる。
ベース車とは大きく意匠が異なるフロントマスク。「ハイブリッドZ」と「ハイブリッドX」にはLEDヘッドランプが標準装備される。
ベース車とは大きく意匠が異なるフロントマスク。「ハイブリッドZ」と「ハイブリッドX」にはLEDヘッドランプが標準装備される。
パワーユニットは基本的に「フィット」のものと共通。ハイブリッド車には1.5リッターエンジンと、7段デュアルクラッチ式AT内にモーターを組み込んだ「i-DCD」と呼ばれるシステムが搭載される。
パワーユニットは基本的に「フィット」のものと共通。ハイブリッド車には1.5リッターエンジンと、7段デュアルクラッチ式AT内にモーターを組み込んだ「i-DCD」と呼ばれるシステムが搭載される。
ハイブリッド車のシフトセレクター。「ハイブリッドZ」「ハイブリッドX」には、マニュアルモード用のシフトパドルも備わる。
ハイブリッド車のシフトセレクター。「ハイブリッドZ」「ハイブリッドX」には、マニュアルモード用のシフトパドルも備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シャトルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る