BMW 5シリーズに160台限定の特別仕様車

2015.06.05 自動車ニュース
「BMW 5シリーズ グレースライン」
「BMW 5シリーズ グレースライン」

「BMW 5シリーズ」に160台限定の特別仕様車

BMWジャパンは2015年6月4日、「5シリーズセダン」に特別仕様車「Grace Line(グレースライン)」を設定し、同年6月13日から販売すると発表した。

■「エレガントさ」と「スポーティーさ」を強調

今回の特別仕様車は2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンを搭載した「523i」、2リッター直4直噴ディーゼルターボエンジンを搭載した「523d」をベースに、エクステリアを同車専用にコーディネートするとともに、装備をより充実させたものである。

特別装備の内容は以下の通り。
・専用18インチ ダブルスポーク・スタイリング609アロイホイール(前:8J×18ホイール+245/45R18タイヤ/後ろ:9J×18ホイール+275/40R18タイヤ、前後ともランフラットタイヤ)
・専用クロム仕上げキドニーグリル(マットクロムバー)
・アダプティブLEDヘッドライト(LEDハイ/ロービーム+LEDフロントターンインジケーター+LEDスモールライトリング+LEDアクセントライン+LEDコーナリングライト+LEDフロントサイドマーカー、光軸自動調節機構付き)
・LEDフロントフォグランプ
・BMW Individualハイグロスシャドーライン・エクステリア(ブラック・サイドウィンドウフレーム・モールディング<光沢仕上げ>)
・ダコタレザーシート(オイスターカラー、専用ステッチ付き)
・スポーツシート(運転席&助手席)
・電動フロントシート(8ウェイ/運転席&助手席、運転席メモリー機能付き)
・フロントシートヒーティング(運転席&助手席)
・マルチファンクションMスポーツレザー・ステアリングホイール(シフトパドル付き)
・レーンチェンジウォーニング
・マルチディスプレイ・メーターパネル(ブレーキエネルギー回生システムインジケーター付き)
・リアウィンドウ・ローラーブラインド(電動)
・専用インテリアバッジ

ボディーカラーは「ミネラル・ホワイト」と、同車専用色の「ミネラル・グレー」の2色。価格は「523iグレースライン」が720万円、「523dグレースライン」が743万円で、両モデル合わせて160台が限定販売される。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW 5シリーズ セダン 2016.10.19 画像・写真 独BMWは2016年10月13日、7代目となる新型「BMW 5シリーズ セダン」を発表した。2リッターガソリンエンジン搭載車からプラグインハイブリッド車まで、多岐にわたるラインナップの一部を画像で紹介する。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】NEW 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
ホームへ戻る