BMW 5シリーズに160台限定の特別仕様車

2015.06.05 自動車ニュース
「BMW 5シリーズ グレースライン」
「BMW 5シリーズ グレースライン」

「BMW 5シリーズ」に160台限定の特別仕様車

BMWジャパンは2015年6月4日、「5シリーズセダン」に特別仕様車「Grace Line(グレースライン)」を設定し、同年6月13日から販売すると発表した。

■「エレガントさ」と「スポーティーさ」を強調

今回の特別仕様車は2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンを搭載した「523i」、2リッター直4直噴ディーゼルターボエンジンを搭載した「523d」をベースに、エクステリアを同車専用にコーディネートするとともに、装備をより充実させたものである。

特別装備の内容は以下の通り。
・専用18インチ ダブルスポーク・スタイリング609アロイホイール(前:8J×18ホイール+245/45R18タイヤ/後ろ:9J×18ホイール+275/40R18タイヤ、前後ともランフラットタイヤ)
・専用クロム仕上げキドニーグリル(マットクロムバー)
・アダプティブLEDヘッドライト(LEDハイ/ロービーム+LEDフロントターンインジケーター+LEDスモールライトリング+LEDアクセントライン+LEDコーナリングライト+LEDフロントサイドマーカー、光軸自動調節機構付き)
・LEDフロントフォグランプ
・BMW Individualハイグロスシャドーライン・エクステリア(ブラック・サイドウィンドウフレーム・モールディング<光沢仕上げ>)
・ダコタレザーシート(オイスターカラー、専用ステッチ付き)
・スポーツシート(運転席&助手席)
・電動フロントシート(8ウェイ/運転席&助手席、運転席メモリー機能付き)
・フロントシートヒーティング(運転席&助手席)
・マルチファンクションMスポーツレザー・ステアリングホイール(シフトパドル付き)
・レーンチェンジウォーニング
・マルチディスプレイ・メーターパネル(ブレーキエネルギー回生システムインジケーター付き)
・リアウィンドウ・ローラーブラインド(電動)
・専用インテリアバッジ

ボディーカラーは「ミネラル・ホワイト」と、同車専用色の「ミネラル・グレー」の2色。価格は「523iグレースライン」が720万円、「523dグレースライン」が743万円で、両モデル合わせて160台が限定販売される。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
ホームへ戻る